親の会

親の会に育てられた自分

ある親の会のシンポジウムに招かれま

した。親御さん二人のお話を受けての

僕の話でした。

 シンポ前の打ち合わせで、1時間程

事前シンポジウム(笑)みたいになり

思うところがあって、あらかじめ作っ

ていたレジメを捨てました(笑)。

 「経験不足だよね・・・」と安易に使う

危険性について話しました。「小さい

ときに、抱っこされた経験が不足

しているんだ・・」なんて安易に言わ

ない。抱きたくても、抱かれることを

嫌がる子どもだったのかもしれない。

その時の両親、そのほか子どもを

取り巻く大人の心境はいかに! 

いや、子ども自身の思いもどんな

ものなのか・・に思いをめぐらせて

仕事がしたいと述べました。

 また、僕を育ててくださった親

の会の皆さんが、最初は「我が子

が大切」からスタートしながらも

次第に「我が子も大切」にシフト

していったことを話しました。

親の会の本質を表している変化

ではないのかと感じるからです。

 これまでお世話になった保護

者の方々が、たくさん「僕の顔を

見に来ましたよ~」と言っていら

してくださいました。見ていただく

顔はないけれど、親と教師で作る

特別支援教育というテーマに少し

近づけた気がした一言でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)