特別支援教育

:『教師の子どもへの大切な関わり方〜院内学級・特別支援教育の現場から学んだこと/これからの教師に伝えたいこと〜』

第50回 明日の教室東京分校 副島賢和先生×青山新吾先生

日 時:平成27年9月6日(日) 13:30〜17:30 
13:30〜13:35  あいさつ
13:35~14:35  副島先生のお話
14:40~15:40  青山先生のお話
15:50〜17:10  副島先生と青山先生による対談
17:10〜17:30  質疑応答

講 師:副島賢和先生(昭和大学大学准教授・さいかち学級担任) 
           青山新吾先生(ノートルダム清心女子大学講師)


内容:今回は、明日の教室 東京分校第50回記念として、副島賢和先生と青山新吾先生の2人の講師の先生をお呼びしました。副島先生は、院内学級で、青山先生は、特別支援教育の現場で活躍されております。お二人の経験と、たくさんの子どもたちとの関わりの中で、お二人が大切にしてきたことを中心にお話ししていただきます。

参加費:社会人3000円 学生無料 

http://kokucheese.com/s/event/index/327454/

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教室の中の気になるあの子から発想した教材教具

教材、教具づくりの達人、柳下先生の

新著が出ました
この本は、単なるアイデア集とは違い

ます。
教室の中の気になるあの子が学べる

ように発想したプロセスも一緒に書い

てくださっているのです✨  これを読み

ながら、私たちが関わるあの子の学

びやすさについて思いを巡らせること

ができます。


特別支援教育ONEテーマブックシリー

ズの8冊目です。皆さま、ぜひともお

元に。自信を持ってお薦めします。

http://www.gakuji.co.jp/top10.html

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「多様な学びの場」での学びの姿を描き出す

『THE 特別支援教育~特別支援学校・

特別支援学級等編~』明治図書について

インタビューを受けました。

以下のサイトに、その記事が掲載されています。

どうぞご覧ください。

よろしくお願いします。

http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/?id=20150582

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『「THE 教師力」シリーズ THE 特別支援教育〜特別支援学校・特別支援学級等編〜』

『「THE 教師力」シリーズ THE 特別支援教育

〜特別支援学校・特別支援学級等編〜』明治

図書 が発刊になりました。

「多様な学びの場」での子どもたちと教師の紡ぎ

だす学びの事実を、多くのベテラン陣にご執筆

いただきました。

特別支援学校。特別支援学級、通級指導教室

における、子どもたちの学びの姿が描き出され

ています。

通常学級担任の方にも、是非手に取っていただき

たいです。

きっと子どもの見方が変化し、実践の幅が広が

るきっかけになると思います。

http://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-348436-9

明治図書サイトはこちらです。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「気になる子」のいるクラスがまとまる指導

第13回北の教育文化フェスティバルinサマー

今年の夏フェスは、いろいろな実態を持つ

子供がいる「いまの教室」をどのように運営

していくかにスポットを当てます。
すべての子供の安心を担保し、存在を認め

る授業とは、そして学級経営とは、どのような

ものであるのか。


これを追究します。


【期日】 平成27年8月11・12日

【講 師】

青山 新吾氏(ノートルダム清心女子大学)
1989年 大学卒業と同時に小学校教員に。 ことばと情緒の教室勤務。 
1994年 備前市内通級指導教室勤務。言語障害、情緒障害、自閉症教育、学校教育相談等を中心に実践。 
2002年 岡山市内通級指導教室勤務。 
2005年 『自閉症の子どもへのコミュニケーション指導』明治図書出版。 
2006年 『特別支援教育を創る 子どもを見つめる確かなまなざしと 暮らし支援』明治図書出版 
2007年 『特別支援教育 学級担任のための教育技術』学事出版出版。 岡山県教育庁指導課特別支援教育室勤務。
2011年 明日の教室DVD第20弾「僕が自閉語を学ぶわけ」有限会社カヤ発行
2012年『個別の指導における子どもとの関係づくり』明治図書出版
2013年『青山新吾 エピソードで語る教師力の極意』明治図書出版
2014年『THE特別支援教育 通常の学級編』明治図書出版特別支援教育ONEテーマブックシリーズ編集代表 学事出版
カヤDVDシリーズⅴ『教室のあの子を考えるシンポジウム』有限会社カヤ発行
2015年『今さら聞けない! 特別支援教育Q&A』明治図書出版 

鈴木 惠子氏(元静岡県公立小学校校長)
・1954年生まれ。1977年より、静岡県藤枝市内の小学校教諭として36年間勤務。
・藤枝市立高洲南小学校研修主任として、「生徒指導の機能が生きる感動ある学習の創造」を実践。多くの参観者の共感を得る。
・その後、藤枝市立教育委員会指導主事、静岡県教育委員会管理主事、藤枝市立青島北小学校校長 等を歴任。
・2014年「伝説の教師 鈴木惠子『明日の教室発! 子どもの力を引き出す魔法の学級経営』」学事出版
・「明日の教室DVDシリーズ『自立の芽を引き出す』」 カヤ
・現在は、介護の傍ら、地域の教員研修や校内研修、各県講演会等の講師を務める。


【場 所】 藤女子大学 16条キャンパス

 北海道札幌市北区北16条西2丁目

【参加費】 両日 8千円 
       1 日 5千円
      ※事前のお振り込みが必要です。
        【振込先】
       北海道労働金庫札幌平岡支店
      口座番号 普通 5040235  

      口座名義 ヤマダヨウイチ   


【定 員】 120名

【テーマ】 「気になる子」のいるクラスがまとまる指導

【内 容】

1日目(8月11日)
 9:00~ 9:20 受付
 9:30~10:20 まとまるクラスをつくる

5つの視点                               山田 洋一
10:30~12:00 「温かく活気に満ちた

学級を育むために大切な8つのこと」  鈴木 惠子氏
13:00~14:30 「気になる子」の

人間関係を観るポイント                            青山 新吾氏
14:40~15:40 ワークショップ①
「気になる子」のいるクラスがまとまる

学級経営のポイント                                     進行 宇野 弘恵
15:40~16:30 講師へのQA 

青山 新吾氏 鈴木 惠子氏 山田 洋一
16:40~17:00  ワークショップ②
 「気になる子」のいるクラスがまとまる

学級経営のポイント       進行 宇野 弘恵
18:30~ 

懇親会(「懇親会申し込み」から、お申し込みください)
和顔 http://www.hotpepper.jp/strJ000682820/
北海道札幌市北区北7条西7丁目6-17
会費 6千円
                                  
2日目(8月12日)
 9:00~ 9:20 受付
 9:30~12:00 よみがえる「日本一の授業」

~鈴木惠子先生 授業ビデオ視聴と解説~

 ―授業で人を育てる―
 ―ひとりひとりの安心と存在感を高める

「話す・聴く」指導ー                                                     鈴木 惠子氏

13:00~14:20 「授業を考える 

―気になる子どもも共に―」 

進行 宇野 弘恵
  解説 青山 新吾氏 鈴木 惠子氏 山田 洋一
14:30~15:50 子どもとつながる・

子どもをつなげる指導のポイント                青山 新吾氏

16:00~16:50 してはいけない!

「気になる子」「荒れたクラス」でのこんな授業
          進行 近藤 真司    

  青山 新吾氏 鈴木 惠子氏 山田 洋一

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月25日 第2回通常学級の中の特別支援教育について考えるセミナー

南先生のお書きになったセミナー

紹介文より

「第2回通常学級の中の特別支援教育

について考えるセミナー    

 ~怪物 青山新吾に挑む会~」...


「第1回で大好評だった「通常学級の

中の特別支援教育」について考える

セミナーを行います。


 今回も,ノートルダム清心女子大学

の青山新吾先生と特別支援教育士で

もある兵庫の関田聖和先生,通常学級

での特別支援教育の実践例を多く持っ

ている南惠介先生の三人でのセミナー

となります。
  

  1回目も刺激的でしたが,第2回はもっ

と刺激的な内容になると予想されます。


 サブタイトルから刺激的です。 ..

.
 前回,関田,南両先生が青山先生の

力に「怪物だ!」と強く感じたことから,

このサブタイトルがつきました。」

 うーん、このサブタイトルは僕を誤解

していると思うのですが・・。彼ら2人の

力は本物です。そのおかげで、僕は自

分の領域に特化して仕事をさせていた

だけただけだと思うのです。


 ということで、通常学級にかかわる若

手の皆さん、南さん、関田さんの本物の

講座にどうぞ、いらしてくださいね。

いらしてくださいね。

「第2回通常学級の中の特別支援教育について考えるセミナー                 ~怪物 青山新吾に挑む会~」...

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『吃音・難聴、読み書き障害の子へのICFに基づく個別指導』

特別支援教育ONEテーマブックシリーズ7

『吃音・難聴、読み書き障害の子へのICFに

基づく個別指導』 小林宏明・小林葉子著 

学事出版が発売になりました。

金沢大学の小林宏明先生ご夫妻による1冊

です。

吃音研究の我が国の第一人者のおひとりで

ある小林さんに、個別指導の取り組みを

ICFの観点で整理していただいたのです。

ICFは、学部生の講義で何度も扱います。

先日も講義したばかりです。 僕は、ICFの

細かい分類はさておき、とにかくその「概念」を

活用することで子どもたちと子どもたちをとりまく

「暮らし」が見えやすくなる。網羅的な把握、

つながりの把握につながる可能性がある。

だから意味があると講じています。この本の

中で小林さんも同様のご提案をなさっており

、とてもホッとしたというのが正直なところで

す。

 幅広く子どもを捉えましょう。  

障害だけで子どもを見るのではない。

 これらのことばを具体的なフレームに基づ

いて整理し、何をすればいいのか?を導け

ること。そのための重要なご提案をいただけ

たと思います。僕は、ゼミ等で使っていきた

と考えているところです。  

本シリーズの中では、今までの6冊とはち

ょっと趣が違います。でも、とても分かりや

すい文章で書き下ろしていただきました。  

皆さん、どうぞお手に取ってみてください。  

よろしくお願いします。

http://www.gakuji.co.jp/book/978-4-7619-2135-4.html

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる子の視点から保育を見直す!

 久保山茂樹先生の単著

『気になる子の視点から保育を見直す!』

学事出版

http://www.gakuji.co.jp/book/978-4-7619-2119-4.html

「気になる子ども」の視点で保育を見直すと

みんなが笑顔になる! 今までの保育を基

本に、少しだけ「丁寧な保育」を心がけるだ

けで、子どもたちがすごしやすく学びやすく

なることを、実践を通して提案されている1

冊です。

 しかし、この本は、保育の本ではなくて教

職に携わる方全てにとって、「今」必要なも

ののような気がします。この国の特別支援

教育は、いえ、保育や教育はどこに向かっ

ていこうとしているの?

という大きな問いを、日々の保育の何気な

い風景の中に潜り込ませていらっしゃる。

そのような印象を持ちました。

表紙

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 1クリックをお願いします
http://www.gakuji.co.jp/book/978-4-7619-2078-4.html         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3つのテーマ設定

ノートルダム清心女子大学で教員

免許状更新講習を行います!

8月に開講します。選択領域18時間

を6時間単位で17講習開設します。

男性も受講できます。受講予約は、

4月25日(土)からです。

17講習のうち3つは特別支援関連。


8/18(火)
特支B 通常学級における特別支援の

視点を取り入れた指導の探求~集団

づくりと授業の工夫を中心に~


8/19(水)
特支C 将来につなげる特別支援教育

~幼児期から社会的自立までの取組

をつなぐ~  

 

8/20(木)...
特支A 「気になる幼児」への特別支援

の視点を取り入れた保育を探る~一斉

保育と個別支援の両面から~

講習には 現場のゲストティーチャーを

お招きし、実践知見の検討や共有をし

ながら進めます。

 ゲストティーチャーの講義、僕との対話

ワールドカフェ風のディスカッション等々

工夫を凝らして、いい時間になるよう努力

します。

 該当の皆様、是非いらしてください。

 お仲間のご紹介いただけると嬉しいです。

 お待ちしております。

 よろしくお願いします。

http://www.ndsu.ac.jp/about/license_renewal/

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教室の中の気になるあの子・その後

ノートルダム清心女子大学児童臨床研究所

『第5回専門講座』を開催します!!

僕も1コマ担当します。

成長したある子の物語を語り、その成長を

支えたものは何だったのか? について

考察していく予定です。 本学の清板教授の

「虐待」に関する講座も必聴です! みなさん

、よかったら是非いらしてください。

お待ちしています。

 日程:2015年5月30日(土)

時間:13:30~16:15(受付13:00~)

場所:本学中央棟4階 640ND(アクセスマップ)

料金:無料

プログラム: 講座1.「教室の中の気に

なるあの子・その後~将来につなげる

人間関係づくり~」 青山新吾(本学講師)

講座2.「なぜ虐待に走るのか~虐待者の

危機認識の理解と支援のいとぐち~」 

清板芳子(本学教授)

講師との懇話会

お申込み方法: お葉書、FAXもしくはe-mail に

①お名前②ご職業③連絡先(携帯可)、

「専門講座申込み」とご記入の上、5月22日(金

)までに下記へお申し込みください。

駐車場はありません。公共の交通機関をご利用

ください。

問い合わせ先:ノートルダム清心女子大学

児童臨床研究所

〒700-8516 岡山市北区伊福町2丁目16-9

FAX:086-252-6041 Eメール:cci@post.ndsu.ac.jp http://www.ndsu.ac.jp/news/2015/04/002132.php

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の 

1クリックをお願いします
http://www.gakuji.co.jp/book/978-4-7619-2078-4.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧