心と体

児童臨床研究所 第3回専門講座のお知らせ

 

 本学児童臨床研究所の専門講座のお知らせ

 

 2本の講座があります。そのうち1ぽんに

 

 応用行動分析のエキスパート東 俊一先生の

講座があります。

「”じりつ”を目指したスキル形成を考える

~心豊かな生活の実現のために~」

http://www.ndsu.ac.jp/news/2013/04/000746.php

 

 無料です。

 お待ちしています。どうぞいらしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

   ↑

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体を動かす

この1週間は、連日身体を動かしての仕事をした

1週間でした。全国レベルの大きなイベントの

お手伝いに行き、会場づくりに汗を流しました。

本番では、発表者との打ち合わせと誘導。発表す

る側に回ることが多いのですが、逆にお世話す

る側に立てば、何に気遣いをすることで、発表者

の方々が力を発揮できたり、気持ちよくお話でき

たりするのだろうかと考えることが必要です。スケ

ジュールの伝え方、待っている時に、お声をかけ

た方がよいのか、それともそっとして差し上げた

方がよいのかを考えます。お茶を入れるタイミン

グを考えるのも勉強です。

 また、次の日には、分科会の会場責任者として

受付、お弁当販売、日程アナウンス、記録とフル

回転。

 大規模な会なので、多くのスタッフが力を合わせ

て仕事をします。自分の仕事が終わったら、すぐに

声を出して

「お手伝いしましょうか?」

と動くことで、協力体制が作られます。

 しかし、一人一人が勝手な判断をすることは

禁物。統制がとれなくなります。

 船頭は一人でよい!

 それぞれが、自分の立場をわきまえて仕事

を進めます。実に気持ちがよいのです。そして

全国からいらした方々が、気持ち良い時間を

過ごしてくださることを願って、それぞれが仕

事を進めます。実に気持ちがよいのです。

 身体は疲れているはずなのに、なぜか心は

さわやかな時間でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)