« 揺れながら進む日々 | トップページ | 子どもと面白まじめにかかわる »

対話する

 本県は今日が教員採用試験の第一次選考の

日である。

 この1週間、机上のレポートと教育実習ノート

介護等の体験ノートと書けていない原稿を尻目に

多くの学生と対話した。

 採用試験前の4年生とおしゃべり。

 ゼミ分け前の悩める3年生たちとのおしゃべり。

 特別支援教育における連携、コラボ・・などを

語る前に、自身が実感できる、そのような日々を

送ることが必要だと、今は考える。

 でも、先日ある方と話していて驚いたことがある。

 忙しくても、僕は同じようにしていくだろうと言わ

れたからである。

 行為は、ミッションと目的推敲のために行うこと

なので、いつも同じ・・という発想は、単なる硬直性

を示しているのだが・・。

 まあ、愚直に進むだけである、ミッションを振り返

りつつ・・。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

   ↑

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします

|

« 揺れながら進む日々 | トップページ | 子どもと面白まじめにかかわる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/52334702

この記事へのトラックバック一覧です: 対話する:

« 揺れながら進む日々 | トップページ | 子どもと面白まじめにかかわる »