« 吃音のある子ども達へ | トップページ | 教師力アップセミナーの記録 »

第3回特別支援を考えるセミナー終わる

 大阪で毎年開催されている「特別支援を

考えるセミナー」も第3回。

 前身の「人間関係論的アプローチセミナー」

の4回を重ねるならば、もう7年間になる。

 しかし、今回はこれまで以上に、教師、保育者

保護者、そして関わってくださる様々な立場の

方々の思いが形になってきたセミナーだったと思う。

 テーマは「連携」

 決して「連携」に関して技術的に、マニュアル的に

迫っていく時間ではなかった。しかしどちらかというと

「つながる」というやまとことばを使いたくなるような

そのような時間だったと感じたセミナーであった。

 セミナーのブログが開設されている。

http://blog.goo.ne.jp/tokubetsushienseminer

 ここで空間と時間を共有した私たちが、日常の

暮らしにおいて、日常のフィールドにおいて、それ

ぞれに「つながる」空間、時間を作ろうと行動でき

ればいいなと思う。

 ほんのちょっぴりでよいから、ほんの少しでよい

から行動できればよいと思う。

 セミナーだからできたこと。

 空間と時間が設定されたからできたこと。

 いや、、決してそうではないだろう。

 ほんのちょっぴりのアクション。

 これを126人が意識したら、少しずつ何かが動く

のだと思い、大阪を後にした。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

   ↑

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします

|

« 吃音のある子ども達へ | トップページ | 教師力アップセミナーの記録 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/47795445

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回特別支援を考えるセミナー終わる:

« 吃音のある子ども達へ | トップページ | 教師力アップセミナーの記録 »