« 当たり前のことが難しい | トップページ | 根幹の方向性 »

第50回日本特殊教育学会 自主シンポを企画します

今月末に、つくば国際会議場を会場に、

日本特殊教育学会が開催される。

http://www.jase.jp/taikai50/index.html

 昨年度の弘前大会に続いて、以下のシンポを

企画している。

 子どもの「学びやすさ」という視点に立って

どのような授業が考えられるか?

 よく見られる一斉授業とは少し違ったタイプの

授業で、「学びにくさ」を有する子ども達は学べ

るのか?

 

 この1年の研究成果を報告しながら、皆さんと

一緒に考えていける時間になるよう努力したい。

 よろしかったら、どうぞいらしてください。

 お待ちしています。

 自主シンポジウム42             

9月29日(土) 11:30~13:00 会議室402

保育・教育現場の多様な実態に応じた取り組みを考える その2
-子どもの「学びやすさ」に応じる授業づくり-

企 画 者: 青山 新吾(ノートルダム清心女子大学)
        堅田 利明(大阪市立総合医療センター)
        久保山茂樹(国立特別支援教育総合研究所)
司 会 者: 堅田 利明(大阪市立総合医療センター)
話題提供者:
川上 康則(東京都立港特別支援学校)
        清岡 憲二(玉野市立宇野小学校)
指定討論者:上條 晴夫(東北福祉大学)

        久保山茂樹(国立特別支援教育総合研究所)

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

   ↑

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします

|

« 当たり前のことが難しい | トップページ | 根幹の方向性 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/47114141

この記事へのトラックバック一覧です: 第50回日本特殊教育学会 自主シンポを企画します:

« 当たり前のことが難しい | トップページ | 根幹の方向性 »