« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

第50回日本特殊教育学会 自主シンポを企画します

今月末に、つくば国際会議場を会場に、

日本特殊教育学会が開催される。

http://www.jase.jp/taikai50/index.html

 昨年度の弘前大会に続いて、以下のシンポを

企画している。

 子どもの「学びやすさ」という視点に立って

どのような授業が考えられるか?

 よく見られる一斉授業とは少し違ったタイプの

授業で、「学びにくさ」を有する子ども達は学べ

るのか?

 

 この1年の研究成果を報告しながら、皆さんと

一緒に考えていける時間になるよう努力したい。

 よろしかったら、どうぞいらしてください。

 お待ちしています。

 自主シンポジウム42             

9月29日(土) 11:30~13:00 会議室402

保育・教育現場の多様な実態に応じた取り組みを考える その2
-子どもの「学びやすさ」に応じる授業づくり-

企 画 者: 青山 新吾(ノートルダム清心女子大学)
        堅田 利明(大阪市立総合医療センター)
        久保山茂樹(国立特別支援教育総合研究所)
司 会 者: 堅田 利明(大阪市立総合医療センター)
話題提供者:
川上 康則(東京都立港特別支援学校)
        清岡 憲二(玉野市立宇野小学校)
指定討論者:上條 晴夫(東北福祉大学)

        久保山茂樹(国立特別支援教育総合研究所)

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

   ↑

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当たり前のことが難しい

 金曜日は、地元の国立大学でのセミナーで

文科省の方の講演を伺った。文科省の方の

お話をライブで伺うのは、随分久しぶりな気が

する。

 その後、ある地域で行われている自主勉強

会に伺う。終わってから延々と立ち話。ふと時計を

みたら11時を回っていて驚いた。

 幼稚園で起きていること、地域の縦のつながりを

作るためのご努力など、ひたすら伺う。あまりの

話に途中、絶句したこともあったが、内容はここ

には書けない。

 

 3連休は、全く仕事を入れていなかった。

 家にこもって、ひたすらある「データ」と格闘。

 唯一、前の職場時代の盟友と久々に飲んだのが

対外的な仕事(笑)。

 確実、堅実な仕事ぶりに磨きがかかっていた。

 同時に、心ない周囲の声の話も聞く。どこにでも

いるのだな、そういう人たち・・と、とても人事とは

思えず。

 夏の間、アウトプットが多すぎた。

 鶴の恩返し・・ではないが、元々少ない羽根が

なくなってしまう。

 愚直に、現場で起きていることから出発した

仕事をしたい。

 僕が夏にアウトプットしたことは、実は「当た

り前のことばかりのように思うのだ。しかし

「当たり前」のことを実行できたら、それは

かなり凄いことになる。そのような気がする。

「当たり前」の実行は難しいから・・。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもとの関係を再考する

 夏の陣が終わった。

 多くの方々と出会い、いろいろなことを考えた夏だった。

 余裕が無く、8月は1度もブログを更新せずに9月に

なる情けなさ。

 気持ちを入れ替えてまた書いていこうと思う。

 よろしくお願いします。

 この夏は、改めて「関係」をキーワードに学び直した

時間だったと思う。あちこちで

「先生がいつも言われる「子どもとの関係」について・・」

のように話しかけられることが多々あった。

 6月に出た新著のテーマは「個別の関係」であった。

まさに「関係の夏」である。

 拙著『個別の指導における子どもとの関係づくり』

明治図書に小林宏明先生(金沢大学)から書評をい

ただいた。過分なことばが多いが、子どもとの

世界を物語として描くことを評価いただき、とても元気

になった。

 http://bobby-tsubuyaki.blogspot.jp/2012/08/blog-post_6442.html

 また尊敬する立命館小学校の糸井登先生も

書評を書いてくださった。僕の気持ちをきっちり見抜

いてくださっていた。ありがたく、そして光栄なことで

ある。http://susumu.exblog.jp/15772120/

 ありがとうございました。

商品の詳細

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »