« 人と人の見えない「間」を考える | トップページ | 基本的技術の獲得-授業の腕を上げる法則ー »

知的障害特別支援学校の教育課程

 岡山県教育庁のかつての仲間や県校長会等の

労作が公開されている。

http://www.pref.okayama.jp/page/273081.html

 一部引用する。

「自立と社会参加に向けて,「何の力をつける」ため

に,何を目標として,学習指導要領の各教科に示す

「内容」をもとに,授業の中で具体的な「指導内容」と

するのか,十分に考え,適切な教育課程を編成する

ことが必要です。このたび,このことを今一度,考え

直していくための一助として,知的障害の学習指導

要領に示す内容を指導資料として,岡山県特別支

援学校長会,岡山県総合教育センター,岡山県教

育庁特別支援教育課が一緒に作成しました。」

 絶対に形にするという担当指導主事さんの信念が

結実したものだと思う。内容もさることながら、これら

関係者が集まり、形にしていること自体が今後に

つながるように思えてならない。いや、もちろん、

知的障害教育の指導内容について意識的に取り

組む資料としての価値が凄いものである。

 私も早速講義での活用を考えたいと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします

|

« 人と人の見えない「間」を考える | トップページ | 基本的技術の獲得-授業の腕を上げる法則ー »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/45532599

この記事へのトラックバック一覧です: 知的障害特別支援学校の教育課程:

« 人と人の見えない「間」を考える | トップページ | 基本的技術の獲得-授業の腕を上げる法則ー »