« 卒論発表会にて | トップページ | 「一緒」に進むことを実感する »

「まあ、いいかっ」を考える

 ある幼稚園の研修会。

 

 とある幼稚園を拝見し、穏やかに流れる空気と

ここに至るプロセスを考えた。園長先生のお話を

「しつこく」伺い、その秘密を解読しようというのが

1つのねらいであった。

 

 その中で印象的なことばに

「まあ、いいかっ」

があった。

 

 うまく集団に入れない子ども。

 

 手だてをとってもすぐには変化しないことも

当然ある。日本教育新聞に久保山茂樹氏が

連載されている「育ち合う保育」の中に

「ここなら大丈夫 から ここでも大丈夫」

ということばがあった。今はここなら大丈夫。

それを認めて次につながっていくことの大切

さを説いたものだと思う。

 

 ことばは違うが、同じことを感じたことば。

「まあ、いいかっ」

 確認した。

 

「ずっとそのままでいいと言っているわけじゃ

ないですよね?」

 「本当に厳しくしないといけないこともある。

今は、それでいいかと言うこともあるよ。」

と教えてくださった。

 

 やっぱりね。

 

 ほったらかしでいいわけはない。

 

 でも、何でもかんでも、今すぐに変化させ

られるわけではない。きっかけ、機会、時の

流れを待つことが大切なこともある。

 園内で、全員で数度の話し合いをもって

考えたのだと言われた。

 

 なるほど。やっぱり。

 現場で発せられる何気ないことばにこだ

わって考える。思考停止せずに考える。

複数で考える。

 

 特別支援教育を平たいことばで語る大切さを

その園の先生方と子ども達に教わった。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします

|

« 卒論発表会にて | トップページ | 「一緒」に進むことを実感する »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

本校の特別支援学級の担任の先生も、

「ま、いっか」

ということを何度もおっしゃっています。

それを聞いて、なぜだか肩の荷がホッと降りました。

投稿: しょうや | 2012年2月25日 (土) 02時01分

しょうやさん、コメントありがとうございます。
そうですか!
こういった内省的なことばが、実践を進める際に
とても大切なんだな~と思います。

投稿: 夢追い人 | 2012年3月 4日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/44244076

この記事へのトラックバック一覧です: 「まあ、いいかっ」を考える:

« 卒論発表会にて | トップページ | 「一緒」に進むことを実感する »