« 大阪へ | トップページ | 維持しようと思うと維持もできない »

僕が自閉語を学ぶわけ

 大阪での講座が終わった。

 これまで取り組み、考えてきたことを再度組み直して

愚直に日本語にしたつもりである。

 主催者の川本さん、対談者の吉川さんが、僕のわが

ままを聞き入れてくれた。その分、ご迷惑もかけたと思

う。

 申し訳ありませんでした。

 多くの方が、ブログに感想を書いてくださっている。

 主催者 川本さん

http://ameblo.jp/motti57/entry-11084322505.html

 尊敬する先輩 京都の糸井先生

http://susumu.exblog.jp/14037384/

 奈良の中條先生

http://ameblo.jp/nara-normal-teacher/entry-11083140346.html

 ありがとうございました。

 聴き手がすごいので、のせていただいてことば

が紡げたと思う。

 話した僕の意図を、恐ろしいほどクリアーに、

そして話し手より深く受け取ってくださっている

気がする。

 このような聴き手になれるように、また今日か

ら愚直に進みたいと思う。

 参加してくださった皆様、本当にありがとう

ございました。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします。

|

« 大阪へ | トップページ | 維持しようと思うと維持もできない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当にありがとうございました。たっくさんのことを学ばせていただきました。青山先生と過ごさせていただいたこの時間を大切にまた本日より歩んでいきます。またお会いできることを楽しみにしています。

投稿: 川本敦 | 2011年11月21日 (月) 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/43085635

この記事へのトラックバック一覧です: 僕が自閉語を学ぶわけ:

« 大阪へ | トップページ | 維持しようと思うと維持もできない »