« 残って一緒に宿題しようか | トップページ | 大阪へ »

池田修著『教師になるということ』

 日本の未来を創る若い先生方が、すぐに辞めて

しまうような状況を作ってはならない。

 ベネッセ教育情報サイトの以下の記事は、厳しい

現実の一端を示しているように思える。

http://benesse.jp/blog/20071004/p2.html

 だからこそ、教師の卵はしっかり勉強し、準備して欲しい。

 とにかく、今は、たくさん本を読んだ方がよい。

 多読でよい。

 考え方が偏らないよう、あれこれ多読した方がよい。

 1冊紹介しておこう。

 池田修著『教師になるということ』ひまわり社 である。

http://www.amazon.co.jp/%E6%95%99%E5%B8%AB%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E4%BF%AE/dp/4902232413

 うーん・・まあ騙されたと思って読んでみて欲しい。

 定価860円。

 安い投資だと思うよ。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

    ↑

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします。

 

|

« 残って一緒に宿題しようか | トップページ | 大阪へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/42783407

この記事へのトラックバック一覧です: 池田修著『教師になるということ』:

« 残って一緒に宿題しようか | トップページ | 大阪へ »