« 情報交換ワークショップ型授業 | トップページ | 通常の学級における「個の物語」の記述 »

初任の先生方と教師の卵へ

 横浜の野中信行先生のブログに

「この夏を経て考えたこと」という記事が掲載された。

 初任の先生方が、初めて教壇に立ち、学級担任

として仕事をしていく時に、丸腰で教壇に立たない

ための「学び」の内容をはっきり示してくださってい

る。

http://nonobu.way-nifty.com/blog/2011/09/post-5732.html

 教師の卵の学生は、必ず自己投資して読むべ

きだ。

 これは言い切ってよい。

 言い切ってよいことも世の中にはあるもんだ。

 そして、これが、広い目で見た時の特別支援教

育になるのだと考える。

ランキングに参加しています。よかったら応援の

1クリックをお願いします!

     ↓

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 情報交換ワークショップ型授業 | トップページ | 通常の学級における「個の物語」の記述 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/41640755

この記事へのトラックバック一覧です: 初任の先生方と教師の卵へ:

« 情報交換ワークショップ型授業 | トップページ | 通常の学級における「個の物語」の記述 »