« 会場の広さが・・・ | トップページ | 似ているけれど大きな違い »

答えのないことを考える

 知的障害児教育総論という授業を担当して

いる。

 1回目の授業では、僕の実体験を語った。

 パワーポイントもなく、語り一辺倒。といっても

20分の語りに周囲の人での話し合いを組み合

わせ、それを2クール。

 

 学生に伝えたメッセージがあった。

 「答えのはっきりしていることをしっかり学ぶこ

とと、答えのないことを考えることの2つがある。」

というメッセージである。

 

 学生の書いてくれた感想を読んだ。

 自分の頭で考え始めている文章が多く見られた。

 思わずペンを取り、プリントにコメントを書いた。

4年ぶりの作業である。そして、もちろん僕のことば

でのコメントである。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よろしければ、応援クリックお願いします

|

« 会場の広さが・・・ | トップページ | 似ているけれど大きな違い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

講義うけたいです…
自分の頭で考えることってあんまりしてなかったのかもしれない。社会にでてから思い知らされ~親になって考えまくってる感が…。
人の意見をこねくりまわした論文しかかけてないし。

投稿: かめ | 2011年4月20日 (水) 23時06分

かめさん、こんにちは。
いつまでも学び続ける、気付き続けるって大切にしていきたいな~って思います。僕も、4月から新たな気付きの連発ですもの。
また、直接お話できればよいですね。

投稿: 夢追い人 | 2011年4月21日 (木) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/39614617

この記事へのトラックバック一覧です: 答えのないことを考える:

« 会場の広さが・・・ | トップページ | 似ているけれど大きな違い »