« 似ているけれど大きな違い | トップページ | 学びのしかけメールマガジン最新号 »

思考が刺激される時間

 朝から卒論のことで4年生と話す。

 スケッチブックに図化しながら1時間ほどあれ

これと相談。水曜日までに、考えを進めてくるように

話す。どこまで思考してくるか、楽しみだ。

 その後、工事があるため研究室を脱出。

 昔からの長いおつきあいの保護者とお会いし、最

近の様子などを細かく伺った。

 通常の学級で、HFの坊やが育っている様子を伺う。

 その秘密を明らかにするのが今後の仕事だと改め

て考えた。

 学内の図書館のガイダンスを申し込んで、個人的

にご説明いただいた。

 豊富な資料とサービスを提供してくださるプロのス

タッフ。丁寧なガイダンスをいただきながら、その幸

せな環境を痛感。

 工事の終わった研究室に戻り、明日の講義原稿

を作成。

 夜は、これまた長年のつきあいの先輩がいらっし

ゃり、90分ほど談笑。新たな事業を始められた先輩

と、今後の展望や事業のノウハウなどを伺う、刺激

的な時間であった。

 慌ただしかったが、思考が刺激されっぱなし

の1日であった。にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よかったら応援クリックをお願いします

|

« 似ているけれど大きな違い | トップページ | 学びのしかけメールマガジン最新号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/39755066

この記事へのトラックバック一覧です: 思考が刺激される時間:

« 似ているけれど大きな違い | トップページ | 学びのしかけメールマガジン最新号 »