« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

思考が刺激される時間

 朝から卒論のことで4年生と話す。

 スケッチブックに図化しながら1時間ほどあれ

これと相談。水曜日までに、考えを進めてくるように

話す。どこまで思考してくるか、楽しみだ。

 その後、工事があるため研究室を脱出。

 昔からの長いおつきあいの保護者とお会いし、最

近の様子などを細かく伺った。

 通常の学級で、HFの坊やが育っている様子を伺う。

 その秘密を明らかにするのが今後の仕事だと改め

て考えた。

 学内の図書館のガイダンスを申し込んで、個人的

にご説明いただいた。

 豊富な資料とサービスを提供してくださるプロのス

タッフ。丁寧なガイダンスをいただきながら、その幸

せな環境を痛感。

 工事の終わった研究室に戻り、明日の講義原稿

を作成。

 夜は、これまた長年のつきあいの先輩がいらっし

ゃり、90分ほど談笑。新たな事業を始められた先輩

と、今後の展望や事業のノウハウなどを伺う、刺激

的な時間であった。

 慌ただしかったが、思考が刺激されっぱなし

の1日であった。にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よかったら応援クリックをお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

似ているけれど大きな違い

 3年生の授業。

 障害に関する「知識」をたくさん学びたいと

いう意欲に燃えている。

 素晴らしいことである。

 でも、少し揺さぶっておきたい心境になった。

 授業で、知的障害のある方が主人公のスト

ーリーを扱うことにした。

 最初に言った。

 ○○ちゃんの「障害」について見る。

 「障害」のある○○ちゃんについて見る。

 この2つは、ことばは似ているけれど違います。

 今日は、敢えて○○ちゃんの「障害」について

みることをねらいとします。

 授業後の感想には、主人公の「障害」特性に

ついての気付きを記入するようにしておいた。

しかし、自由記述欄も設けておいた。

 自由記述欄には、周囲の理解、家族の苦悩

や喜びについての思いが多く綴られていた。

 決められた場所には「障害」特性についての

記述が並んだ。

 ストーリーの持っている力は、授業のねらい

として設定していない「見方」を自然と達成させ

る。

 しかし、授業のねらいは別のところにおいた。

それは、ねらいの事前提示とまとめのプリントの

項目設定という「しかけ」によって成立する部分

である。

 そして、似ているけれど大きな違いの2つにつ

いて、学生が意識していくきっかけを作りたいと

考えたのであった・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 よかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

答えのないことを考える

 知的障害児教育総論という授業を担当して

いる。

 1回目の授業では、僕の実体験を語った。

 パワーポイントもなく、語り一辺倒。といっても

20分の語りに周囲の人での話し合いを組み合

わせ、それを2クール。

 

 学生に伝えたメッセージがあった。

 「答えのはっきりしていることをしっかり学ぶこ

とと、答えのないことを考えることの2つがある。」

というメッセージである。

 

 学生の書いてくれた感想を読んだ。

 自分の頭で考え始めている文章が多く見られた。

 思わずペンを取り、プリントにコメントを書いた。

4年ぶりの作業である。そして、もちろん僕のことば

でのコメントである。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よろしければ、応援クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会場の広さが・・・

 1年生をつれてのオリエンテーション合宿が

終わった。

 昨年度から新しい会場に変更になっての

2回目。以前の会場に比べると、敷地、会場

そのものの広さが違うとのことである。レスト

ランも。明るくて、広い。

 ある先生に教えていただいた。

「詰め込まれた感というか、押し込められた

感じが少ないよね、ここの施設はね。」

 前の会場は、食堂もぎりぎり入っているような

状況だったという。

 人との距離がうまく取れない学生、追い詰め

られた感じに対応できない学生もいるから、

今回の会場だと、随分と過ごしやすいのかもし

れないね・・といったような話題になった。

 学びの空間をどのように演出するか? の大

切さを感じた時間であった。

 北海道の石川晋さんのブログを拝見しながら

学びの空間に思いを馳せている。

http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/blog-entry-707.html

 と言いつつ、研究室の中を学びの空間に演出

する以前の片付けに追われるのであった・・。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よろしければ応援クリックをよろしくお願いします。ランキングに

参加しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

退職

 ご報告が遅れましたが、この3月31日をもって

県の職員を退職しました。

 県教育庁での4年間は、苦しく、厳しく、しかし

鍛えられた貴重な時間でした。

 4月1日から、大学の教員として、新たな出発

をしました。人間生活学部児童学科で特別支援

教育を教えます。

 今日は初出勤でした。

 早速の入学式。

 荘厳な雰囲気に圧倒されました。

 その後会議が4つ。

 挨拶回り。

 まだ、荷物が入っていない研究室に戻ったの

は、夕暮れでした。

 明日は1日中オリエンテーションです。

 ぼちぼちと、今まで通り愚直に進もうと思い

ます。どうぞよろしくお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

応援クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »