« 新年おめでとうございます | トップページ | 模造紙1枚が「緩衝機能」を果たす »

教えやすさと学びやすさ

 連休を利用し、教育イベントに参加。

 20年来の友人が主催するイベントのファイナルに

お招きを受けた。仕事が立て込んでいる時期ではあ

るが、とんぼ返りの日程で参加した。

 とにかく刺激的の一言!

 トピックを拾ってぼちぼち書いてみたい。

 今日は1つだけ。

 それは「教えやすさ」と「学びやすさ」である。

 特別支援教育を意識した授業にはいろいろあるが

教師にとって「教えやすい」授業と子どもにとって「学

びやすい」授業があるのだと思う。

 そして、これからは「学びやすさ」がキーワードとなり

学びにくい子どもたちが「学べるためのしかけ」を追究

する時代になるのではないか。

 そのようなことを感じた時間であった。

 お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

 「仲間」の存在の意味、大きさを痛感した2日間でした。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

|

« 新年おめでとうございます | トップページ | 模造紙1枚が「緩衝機能」を果たす »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/38421318

この記事へのトラックバック一覧です: 教えやすさと学びやすさ:

« 新年おめでとうございます | トップページ | 模造紙1枚が「緩衝機能」を果たす »