« 仲間と一緒だからできるかもしれない | トップページ | 夏休み »

子供の可愛いところ探し

 珍しく、まとまった時間お話をさせていただく

機会が続いた。

 1本は、恐らく、すぐに役立つマニュアルを求め

ていらっしゃる方々が多いだろうなと思う会。

 もう1本は、マニュアルなんて聴きに来ていない

と思う方々の集まりだろうなと思う会。

 マニュアル語りが苦手な僕である。

 結局、どちらもマニュアル外しになった。

 前半の機会で、明確に主張したこと。

 それは「子供を可愛いと思える場面を探そう」

であった。

 アセスメント項目に入れようと主張した。

 正確に言えば、アセスメントといっても、これは

「子供の見え方」である。つまり、見ている側の

内面、子供への、まなざしを問うている。

 だから重要だ。

 教育において、子供へのまなざし、それも子供を

可愛いと思えるまなざしを意識することは大切だ

と思う。

 どんな方法、ツールを用いるとしても、生身の

人間同士の関係の中でしか教育は行えないので

ある。

 関係を作る要素として「可愛いと思うまなざし」を

大切にしたい。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 仲間と一緒だからできるかもしれない | トップページ | 夏休み »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/35987399

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の可愛いところ探し:

« 仲間と一緒だからできるかもしれない | トップページ | 夏休み »