« いろいろな子どもたちが・・ | トップページ | 仲間と一緒だからできるかもしれない »

東京での会議

 先週は、ある大学で1コマ講義させていただいた後

大慌てで喫緊の業務をこなしてから東京へ。翌日の

会議に備えての移動だ。

 日頃ゆっくり話す時間が取れない同僚と一緒に行動

し、まだ、日の高いうちに夕食を取りながらあれこれ

談笑。

 内容は書けないが、これからの仕事の仕方について

大きく刺激を受けた。僕より数段高い能力の持ち主で

あり、タイプの違いもあるので、恐ろしく刺激的だった。

 翌日は、1日缶詰で説明会。

 正直、途中、ものすごく難解な説明もあり、すべてを

理解できたとは言い難かった。情けないが、今の実力

だ。

 主たるテーマは「評価」。

 これまた不明確な段階で内容が書けないのだが、

話の中に、日本のこれからの特別支援教育というか

教育そのものに大きな影響を与えそうな話があった。

が、そこの説明はやけにあっさりしており、逆に、

自分の感覚に不安を覚えた。

 これって、日本の教育に与える影響が大きい・・と

思える僕の感覚がずれてる? 僕のとらえ方が

おかしい?

 終了後、主催者のお一人に直接確認したところ、

僕のとらえ方は間違っていないと言われる。

 うーん、そうか。

 でも、だとしたら、これから、どのように仕事を

組み立てていくのかが相当難しいはず・・。

 

 頭を冷やし、一度リセットかけてから、練りなおした

いと思い、東京を後にしたのだった。

 にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« いろいろな子どもたちが・・ | トップページ | 仲間と一緒だからできるかもしれない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/35715592

この記事へのトラックバック一覧です: 東京での会議:

« いろいろな子どもたちが・・ | トップページ | 仲間と一緒だからできるかもしれない »