« 自立活動の充実を目指して | トップページ | 仲間の活躍 »

山陰の小都市にて

 先週のことになってしまったが、山陰のある

小都市で、90分ばかりお話しさせていただく

機会があった。

 以前、一緒に研究などさせていただいたが、

今はもう亡くなられている先輩のお住まいが

あった小都市。

 お話をいただいた時から、偶然とは思えぬ何

かを感じ、お伺いしたい気持ちが強まったのも

事実である。

 通常の学級の特別支援教育をテーマに90分。

 障害特性の理解、個別の支援の重要性は当然

だけれども、それだけで、教育が変化していきにく

い理由があるだろう。その理由を意識し、しかし、

決して難しいことばと説明を全面に出さないように

組み立ててお話しすることだけ考えた。

 数日前から、夜、夢の中で構成を考えていたり、

朝起きた瞬間に、構成を練り直していたりする体験

をした。

 いい加減な僕には珍しく、どうにもしっくりいかない

構成をずっと考え続けていたのだろう。

 終了後の懇親会で、大勢の先生方とお話しすること

ができた。

 狭いところにこもってしまわず、多くの方とコミュニ

ケートする大切さと素敵さを感じた時間であった。

今年度は、フットワークが重くなっているので、改めて

反省である。

よろしかったら、応援クリックお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 

|

« 自立活動の充実を目指して | トップページ | 仲間の活躍 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/34953922

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰の小都市にて:

« 自立活動の充実を目指して | トップページ | 仲間の活躍 »