« 山陰の小都市にて | トップページ | あれこれと・・ »

仲間の活躍

 後輩たちのよい仕事が原稿になり、ある本に

事例として掲載された。

 原稿作成中に読んではいたが、出版された

ものを改めて読んだ。

 よい仕事だと思う。

 気になる幼児とその保護者と寄り添い、教師

と子どもの関係作りが、結果的に親子の関係を

転じさせていく臨床だ。

 見事だと思う。

 個別の臨床だけで終わってしまっていない。

 かといって、「親指導」なんてニュアンスの臨床

でもないのに、いつのまにか保護者が変化し、

親子の関係が変化するのである。

 また、別の仲間から電話があった。

 自閉症・情緒障害特別支援学級の担任だ。

とても難しい状態のクラスを担任している。

時折話し、ちょこっと感じたことを伝えている。

「軌道にのってきたみたい。子どもと過ごすの

が楽しくなってきました!」

 電話の声が、実践を物語っているようだ。

 別の後輩からメール。

 ある研究に参画してもらっている後輩である。

 研究でお願いしていることで、納得のいかな

いことがあったようである。でも、簡単に批判

せず、まずは自己を内省してから、教育の本

質を考えようと努力して、それを文章にして送

ってきている。

 頼もしい。

 何でもかんでも、すぐに批判的な言語化をせ

ずに、自己内省する姿勢。

 僕は、そのユニークな臨床と、愚直なまでの

子どもへの向き合い方に惹かれるのである。

 思わず、長文のメールを返した。

 すぐに返信があった。

 次の研究協f議会への決意表明があった。

 期待しているよ・・・。

 いろいろありながら、みんな頑張っているな・・・。

率直に、とても嬉しい。

 よかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ 

 

 

 

|

« 山陰の小都市にて | トップページ | あれこれと・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/34964748

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間の活躍:

» 姉妹丼してきたぞ!!! [こきたてひーひー]
二人揃ってガッつき過ぎ!! 俺のムスコが萎む暇もなくハメ倒されちゃった^^; まぁその分報酬も良かったけどね(笑) [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 03時54分

« 山陰の小都市にて | トップページ | あれこれと・・ »