« 自分の良さに気づくこと | トップページ | 自立活動の充実を目指して »

何気ない日常につなげて考える

 先日、一緒に勉強する機会があった幼稚園の

先生方からお手紙をいただいた。園の先生方全

員からである。凄い。園長先生のしつけの厳しさ

が見える。

 その内容が、また凄い。

 僕からのメッセージ、研修内容を、自分の日々

の保育、日々の仕事と結びつけて考えて欲しい

・・・をしっかりうけ止めてくださっていた。

 行動コントロールの研修だったのだが、それを

保育の中にどう活かすか? が思考の中心に

なるわけだ。

 研修で学ぶ。

 自分の保育を思い浮かべる。

 学んだことを、保育の場面に結びつけて考える。

 考えたことを言語化して表現する。

 ここまでを愚直にやっている。

 この次は、実際にやってみることだ。考えたこと

を身体化させて、身体を動かしてみる。そこで、何が

起き、何を感じるか。

 楽しみである。

 そうこうしていると、研究仲間の先生からメールが

届いた。

 お子さんと山登りをした時に、僕との話を思い出し

たと書いてある。

 日常の何気ない一場面で、一緒に研修した内容を

思い出して結びつけて考える。それをことばにして伝

えてくれる。人に伝えることで、ことばの精度が上がる

だろう。

 さすがである。

 実践できない僕に、現場から次々と実践を教えてく

れて、僕の思考を刺激してくれる人である。そのセン

スの源を知った気分だ。

よかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 自分の良さに気づくこと | トップページ | 自立活動の充実を目指して »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/34747835

この記事へのトラックバック一覧です: 何気ない日常につなげて考える:

« 自分の良さに気づくこと | トップページ | 自立活動の充実を目指して »