« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

言葉にできない

 小田和正さんの名曲である。

 オフコース(今の若い人、わからないかな?)時代に

リリースされた曲だと思うが、今もって良く耳にする。

名曲である。

 息子の卒業式に行った時、控え室で、6年間の様々な

写真を編集したビデオが流れた。

 画像のみの編集である。

 キャプションはつけていなかった。

 そのバックに流れていた曲が「言葉にできない」だった。

 親ばか丸出しで恐縮だが、この演出には参った。

 6年間の子どもたちの姿が次々に映し出される。

 同じ画像が、それぞれの家族にとって別々に映り

別々の物語を形成している(はずである)。

 だから「言葉にできない」。いや、正確に言えば、

先生方が「自分たちの言葉にできない」「共通の

言葉にできない」のだと思った。

 週末、公務を一切忘れ、読みたかった本を読み

妻の誕生日にちょっと食事に行き、Jリーグの応援

に行き(残念ながら完敗であったが)、少し、自分ら

しい呼吸をしようとした2日間だった。

 テレビから流れる「言葉にできない」を耳にして

ほんの少し人間らしい感じ方を取り戻したかも・・・と

思い、思わずボードに向かったところである。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よろしかったら応援クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことばの重み

 今夜は、骨太のことばに触れてから寝ようと

思う。

 1日を通して、様々なことばに触れた。

 心を揺さぶられるようなことばもあった。

 重厚さのある話も関わらず、ことばが心に

届かないと思う瞬間もあった。

 心を揺さぶられる瞬間、心を揺さぶられる

ことばに支えられ、なんとか日々を過ごせる

のだ。

 何のページをめくろうか・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よかったら応援クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャブ

 ここのところ、今年度の構想を説明させて

いただいたり、相談したりするために、多くの

方々とお会いしている。

 そこで感じること。

 それは、これまでの取組などが「ジャブ」の

ように効いてきているという印象である。

 もちろん、これは、すぐには具体的、劇的な

動きにつながることばかりではない。個々の

子どもたちの状況に直結しないことも多いは

ずである。だから、個々のケースに関しては

つらく、厳しいことも起きている。

 でも、目に見えない「空気」のようなものが

動いていることは重要だ。

 それが、長い目で見ると「効いて」くるのだ。

 何かが動いている。

 そのような印象を強く持つ今週だ。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の風

週末は仕事を忘れ、息子のソフトボールチームの練習へ。球拾い程度でも、身体を動かして、春の風を感じた時間が心地よかった。
今年のテーマの一つは切り換えだ。
これ、特別な支援を必要とするこどもにも、家族にも共通するテーマだと改めて思うこの頃である。よかったら応援クリックお願いします。      にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもを「育てる」教師のチカラ

 新しい雑誌が発売になった。

 『子どもを「育てる」教師のチカラ』日本標準。

http://www.nipponhyojun.co.jp/sinkan/index_3_7.html

 教師の本来の仕事である子どもを「育てる」

とはどういうことかを考えてみるとき・・・という

コンセプトで編集されている。

 また、いろいろな考え方の方々が執筆して

いることも特徴的だと思う。

 特別支援教育を考える際に、今僕がこだわっ

ているのは「自立活動」である。

 いろいろな教科で、あるいは様々な教育活動

で「共通」して指導することをきっちりと持つこと。

 1対1で「個別の関係性」を構築し、その関係を

ベースにメッセージを送ったり「育て」たりするこ

と。

 「自立活動」の教育内容の吟味に加え、このよ

うなポイントを重要だと考えている。そして、この

考え方でこの雑誌を読むと、実に示唆的な記事が

多数ある。

 特別支援教育と通常の教育の共通性を感じ取

ることができると思う。

よかったら応援クリックお願いしますにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度

 新年度が始まった。

 例年であれば、3月中に切り換え、4月と同時に

気持ちも新たに仕事を進める・・というサイクルで

仕事をしてきたが、今年度はちょっと違う。

 どうにも気持ちが切り替わらないのである。

 テンションも上がらず、それでもしなければならな

いことは山積みなので、手は動いている。でも頭は

動いていない感じ。脳が眠っている(いつもかな?)

 今日、あちこちから電話をいただき、ようやく、頭が

動き始めた実感があった。

 どこも、既に動きが始まっており、フルパワーに近

い職場もあるだろう。室内に閉じこもっているだけで

は見えてこないものがあり、外部と交信することで、

頭が動き出すということか。

 ぼちぼちと、焦らずに、状況をよく見ながら歩もう。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »