« 「スーパー名医」が医療を壊す | トップページ | 普通の日々の「つながり」 »

発想力を鍛えるために

 昨日は、医療、保健、福祉、教育分野の方々集まり

ケース検討の演習を中心とした学びを行う研修会に

参加した。

 県内の仲間の一人が、苦労して苦労して作ってきた

地域の支援システムについて発表するので、その応援

もあっての参加だった。残念ながら、参加者の大部分は

臨床そのもの、個別の支援について学ぼうと思われて

いたのだろうから、彼の話の本質的な価値は伝わらな

かったのだと思う。

 こういう事態は、発表者の彼に責任があるはずはなく

会の設定そのものの問題なのだと思う。コーディネータ

をされたドクターのコメントも、本来システム構築を生業

にされていないわけだから、本質を言語化しているとは

思いにくかった。無理からぬことだと思う。

 連携を図るための会なので、他職種の方々と話し、お

話を伺うことで触発されることが多かった。と同時に、

教育の現場の事実をことばにしていく(言語化)すること

説明する、伝える努力が大切だと痛感した。でなければ

教育現場は、他の専門職から指示命令される場になりか

ねないのだと思う。

 謙虚さと適切な説明は同居するものだ。

 翌日には、地元のJリーグクラブの社長さんをお招きし

ての講演会に参加した。同僚達の配慮で、参加させても

らえたのだった。いつもながら、同僚には感謝である。

 サッカーを通して地元から発信する。

 サッカーを通して地域間交流を図る。

 若手を育てて、将来のJ1入りを目指す。

 熱い熱い語りの70分。

 職場に戻ってから、思わず自分の仕事に気合いが入

ったから、僕は実に単純な人である(笑)。

 でも、こうやって前に進んでいくものなのだとも思う。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へランキングに参加しています。

よかったら応援クリックお願いします。

|

« 「スーパー名医」が医療を壊す | トップページ | 普通の日々の「つながり」 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/33746847

この記事へのトラックバック一覧です: 発想力を鍛えるために:

« 「スーパー名医」が医療を壊す | トップページ | 普通の日々の「つながり」 »