« 関係性を考慮する | トップページ | 明日の教室DVD »

祖母の死

 週末は、祖母の葬儀であった。

 2週間前に見舞いに行った時には、僕を見て

「○○ちゃん(僕の名前)、仕事忙しいのにね~」

「息子さん、頑張ったね(叔母から、息子の近況を

聞いて覚えていた)」

なんてことばをくださった。それから急速に弱って

しまったと聞いた。

 小さい頃から、今は亡き僕の両親に連れられて

正月に祖父母の家に行った。可愛がってもらった

思い出がいっぱいである。

 本来なら、祖母を送るべきであろう僕の両親は

既に世を去っている。僕が、代わりに、代表として

祖母を送りたいと思い、通夜と葬儀に参列したの

であった。

 90歳と高齢であり、悲しい中にも、穏やかな

空気の流れる時間だったと思う。祖母も、そのような

時を喜んでくれたのではないだろうか・・。

 ただ、僕個人としては、事情があったとはいえ、

昨年、母をこのような式で送ってやることができなな

かったことが思い出され、改めて、なんともいえない

ことばにできない感情が沸き上がった時間でもあっ

た。

 でもね、それは一生どこかに持ち続けて、それで

も前に進みなさいと言われるのだろうな・・・なんて

思い、また明日からぼちぼち生きようと思う。

 おばあちゃん、もう、しんどくないからね、ゆっくり

休んでくださいね・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よかったら応援クリックお願いします。

|

« 関係性を考慮する | トップページ | 明日の教室DVD »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/33576607

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母の死:

« 関係性を考慮する | トップページ | 明日の教室DVD »