« 一人じゃないから2 | トップページ | 関係性を考慮する »

語り合い

 週末は、上司と一緒にとある連絡協議会に

出向いた。

 公務である。

 これまでとは少し雰囲気が違った。それには

いくつかの理由が考えられるが、その中の大き

な1つの理由は、そこに参加されている学級の

先生方の思いや仕事にダイレクトに迫ろうと、

共有しようという思いが強かったからではないか

・・・そのようなことを思いながら参加していたのだ

った。

 また、ドクター、看護士さん、臨床心理士さん、

学校の管理職、教諭の先生方、行政担当者が

一堂に集まり、学級の困りごと、悩み、しんどさに

ついてグループで協議する。そこには、実務担当

者がリアルに「連携」している事実があったと思う。

 最後の私の指導助言は、これまでの協議会とは

異質な斬り口の、異例の内容だったと思う。

 教育と他分野が、似ていることをそれぞれの「こと

ば」で表現していることを話し、「ことばの共有化」

が「具体的な事柄」を共有したり理解したりできる

ことを話したのであった。

 きっと陰ではいろいろ言われたのだろうが、私には、

あの時間を、これからの子どもたちのために進める

きっかけにするには、「対立図式」と批判だけでは

ない、本当の「連携」「つながり」にしたいと、心から

思ったのである。

 本来上司が話すはずの時間を

「やってみろ」

と私に与えてくださった寛容さ。スケールが大きい

上司の下での仕事である。

 たとえ、私が批判されても、あの時間が今後の

子どもたちのためになるのであれば、それで十分

だと思いつつ、会場を後にした。

 そのような思いを抱えつつ、その夜は、尊敬する

京都の糸井先生が、私の地元に講師でいらっしゃ

ると聞き、お時間をいただいたのだった。

 糸井さんを独占しての3時間半。

 内容は秘密だが、僕の話をたくさん聞いてくだ

さり、またお話をたくさん聞かせていただいた。

 教育談義しかない時間。充実の一言である。

 また明日からぼちぼちいこう。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

ランキングに参加しています。よろしかったら応援

クリックお願いします。

|

« 一人じゃないから2 | トップページ | 関係性を考慮する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/33479300

この記事へのトラックバック一覧です: 語り合い:

« 一人じゃないから2 | トップページ | 関係性を考慮する »