« 来年度を思いつつ・・ | トップページ | 仲間の支えと継続と »

語りの力

 内輪で、ちょっとした勉強会と忘年会を企画

した。3名の先生から話題提供をいただき、

フリートークで考えを出し合おう、そして、各自が

自分なりに考えてみようという勉強会である。

 参加型研修。

 ハウツー型研修が全盛の時代? には珍しい

ようなオーソドックスなスタイルである。

 話題提供者は、基本的に「語り」で子どもにつ

いて、子どもとの関係について話すように依頼し

た。

 子どもとの関係を、どのようなことばにして表

現するか?

 重要かつ難しいことだと思う。

「あの先生は厳しいから・・・。」

などと、何気なく使ってしまうことがあるが、この

ことばによって、ある場面での教師と子どもの関

係が、あるイメージを持って規定されてしまう。

 「厳しい」って何?

 「厳しい」って悪いこと? 等々

 どんなことばで、場面を、関係を描写するか?

 それは、単に記述の仕方の問題ではない。そ

れは、自分自身が、場面を、関係をどのように捉

えているかの反映なのだと思う。

 そういったことを、時間をかけて、ゆるゆると進

め考えるスタイルの勉強会を、これからぼちぼち

とやってみたいと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へよろしかったら応援クリックお願いします

|

« 来年度を思いつつ・・ | トップページ | 仲間の支えと継続と »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/32774845

この記事へのトラックバック一覧です: 語りの力:

« 来年度を思いつつ・・ | トップページ | 仲間の支えと継続と »