« 小林宏明著/『学齢期吃音の指導・支援』 | トップページ | 内閣府調査から見る「集団の中の個」 »

そだちの臨床 発達精神病理の新地平

 杉山登志郎先生の御著書である。

 日本評論社から、この9月に出されたばかりの

この本は、まさに本物のプロフェッショナル。本物の

研究者。本物の臨床医のお仕事が、いかに凄い

ものであるのかを教えてくださるものだと思う。

 同じような内容の書物が氾濫する中、これは、まさに

最新の知見、それも、臨床に、教育実践につながる、

支えになる最新の知見を示してくださっている。

 特に、虐待と発達障害の絡み、関連性、相違性につ

いての研究成果が凄い。

 また、僕らがこれまで細々と取り組んできた「関係づくり」

「衝動コントロール支援」について、「愛着」をキーワードに

論を展開されている。実践の背景となる、基盤となる可能

性のある理論を提示していただくことは、大いに勇気づけ

られる。

 エビデンスを示すことができれば、実践の意味づけも

より明確になるだろう。

 昔々、ある研究会の時に、杉山先生と隣の席でお食事を

ご一緒したことがある。

「地元まで行くから、研究会企画してごらん」

とまで言ってくださったのに、実現」させられなかった。

 今から考えると、なんというもったいないことをしたのか。

 品のないことばで言えば、本当にアホである。

 こんなチャンスを逃しているから、大して力がつかないで

いるのだろう。

 これに懲りて、その後は、割とチャンスを逃していないよ

うにも思う。言ったことは、かなり実現させてきたつもりだ。

と言っても、大した企画力はないのだが・・・。

 この本、これから何度も何度も読むことになるだろう。

 一度目で、付箋とマーカーだらけではあるが、まだまだ

美しいこの本を、いかに汚せるか。自分自身の問題だ。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

良かったら応援クリックお願いします!

   

|

« 小林宏明著/『学齢期吃音の指導・支援』 | トップページ | 内閣府調査から見る「集団の中の個」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/32529970

この記事へのトラックバック一覧です: そだちの臨床 発達精神病理の新地平:

« 小林宏明著/『学齢期吃音の指導・支援』 | トップページ | 内閣府調査から見る「集団の中の個」 »