« 自閉症・情緒障害特別支援学級の縦糸張り | トップページ | 『僕の大好きな自閉症』 »

気配りできる女の子に

 昔の教え子に久々に会って3時間ほど

話すことができた。

 僕がその子を教えていた時の僕の年

齢を彼女は既に超えている。女の子とい

うよりも一人の素敵な女性になっていた。

 8年ぶりに会った彼女の

「お水取ってきますね」

「お時間は大丈夫ですか?」

といったことばや、さりげなく僕に箸を取って

渡してくれる姿に、就職してからの彼女の

とんでもなかったであろう苦労を感じた。

 聴覚障害のある女の子である。

 夜にメールしたらすぐに返信が会った際

僕が

「起こしたかな?」

と間抜けなメールをしたら

「寝ていたら気づかないですよ~(^^)」

と可愛く、さりげなく返してくる余裕に、

彼女のこれまでの苦労を感じたのであった。

 「気配りできる女の子になったんだ。嬉しい

と話してみたが

「私、鈍いなーって思うから。」

と、謙虚さまで身につけていたのだった。

 幼児期に通っていた療育について、感謝し

ているけど、厳しかった~と笑う様子に、人

としての幅も感じたのだった。

 一昨年から、意識的に昔の教え子に再開

し、自分の実践を振り返り、考察することを

始めている。

 彼ら、彼女らの姿が、そしてそのことばが、

僕の実践に対する評価の1つであると思うの

だ。

 いずれどこかでことばにして行こうと思って

いる。にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

  よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 自閉症・情緒障害特別支援学級の縦糸張り | トップページ | 『僕の大好きな自閉症』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/31762870

この記事へのトラックバック一覧です: 気配りできる女の子に:

« 自閉症・情緒障害特別支援学級の縦糸張り | トップページ | 『僕の大好きな自閉症』 »