« 「集団の中の個」その2 | トップページ | 気にしないということばの危うさ »

県内を回る

 県内6会場での相談会が終わった。

 約2週間。

 車に、相談グッズを積み込み、早朝から会場入り。

 台車で2往復、3往復。

 会場のセッティング。

 相談員さんへの説明。

 いらっしゃる保護者の受付や案内。

 地元の係員さんと一緒に取り組む。

 廊下に冷房が入っていない会場もあり、最初の相談が

始まる頃には汗だくだくのこともある。

 多い会場で40家族近く。小さな会場で10家族。

 不安そうな表情のお母さん。

 厳しい表情のお父さん。

 無邪気に走っている子どもたち。

 いろいろな思いを胸に会場にいらっしゃるのだろう。

 いろいろなドラマをお持ちなのだろう。

 

 相談が終わって帰られる時に見せられる笑顔。ホッと

した表情。

 これからも、いろいろなことがおありなのだと思う。

 でも・・・。

 今日の一時が、何かの力になり、何かの時に思い出し

てもらえる夏の時間になっているのなら、1日かけての

仕事も嬉しいものだ。

 そんな思いで走り回った今年の夏が半分終わった。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よかったら応援クリックお願いします。

 

|

« 「集団の中の個」その2 | トップページ | 気にしないということばの危うさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年も相談会ご苦労様でした。
私も昨年まで、別の相談会の相談員をさせていただきました。
いろいろなお話をお伺いしながら、でも最後に、少し誰とこの先の相談を進めていけばよいのか、道筋を見つけるきっかけがつかめた保護者の方の笑顔は、いつも仕事をする私自身の励みになりました。

夢追い人さんをはじめ、多くの相談員皆様の仕事が、きっと、今年も保護者の方々の支えとなったはずです。

投稿: ひまわり | 2009年8月13日 (木) 17時49分

ひまわりさん、コメントありがとうございます。
僕は今回、相談員ではありません。係員でした。
係員という立場が間接的に、親子に何かを残していけるかもしれない・・・こう思えるようになったのは
今の職場に来たからだなって、やっと思えるようになりました。

投稿: 夢追い人 | 2009年8月16日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/30936943

この記事へのトラックバック一覧です: 県内を回る:

« 「集団の中の個」その2 | トップページ | 気にしないということばの危うさ »