« 愚直な臨床で大切なこと | トップページ | 子どもの可愛さを伝えるために »

授業づくりネットワーク2009in東京のご案内

 研究仲間、先輩、知人が多く登壇する授業づくり

ネットワーク夏集会。

 僕は都合がつかなくて行けないのですが、皆さん

どうぞご参加を! 今からでも申し込み間に合うと

のことでした。

授業づくりネットワーク2009in東京

技術と省察の教師力の探求-学び合う教師をめざして-
 主催 NPO法人「授業づくりネットワーク」
 後援 東京都教育委員会 武蔵野市教育委員会

 研究団体「授業づくりネットワーク」では、4年間の「授業成立プロジェクト」の
成果を受け継ぎ、
さらに2年間「授業成立プロジェクト2」を継続します。今回のテーマは「技術と省
察の教師力の探求」です。
 「技術と省察の教師力の探求」のために以下、三つの柱を立てました。
  (1)ハイブリッド技術の開発
  (2)ライフヒストリーからの学び
  (3)ワークショップ型の研修
 この三つの柱を具体化するために、下記のプログラムを企画しました。今年の夏
は、ぜひ東京にお越しください。

■日程
 2009年8月11日(火)12日(水)

■会場
 成蹊大学4・9号館(東京都武蔵野市)
 http://www.seikei.ac.jp/university/
 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
 〈アクセス〉
  JR中央線・総武線(東京メトロ東西線)・京王井の頭線吉祥寺駅下車
  ・吉祥寺駅北口バスのりば1・2番より関東バスで約5分成蹊学園前下車
  ・吉祥寺駅より徒歩約15分

■8月11日(火)
 9:30-10:00 受付

10:00-12:00 模擬授業・対話型インタビュー
「教師のライフヒストリーから学ぶ?辞書引き学習法を中心に?」
 講師:深谷圭助(立命館小学校)
 対話:森脇健夫(三重大学)
 進行:上條晴夫(東北福祉大学)
 *詳しい内容は次のアドレスをご覧ください。
  http://jnw.blog.so-net.ne.jp/200908111000

13:00-15:00 体験型講座
「安定した授業づくり・安心のある学級づくり」
A:ワークショップで学ぶ意欲を育てる小学校国語科授業
 講師:木附隆三(東京・町田市立鶴川第一小学校) 講座Aは定員に達したため締
め切りました。
B:PISA型読解力を育てる中学校国語科授業
 講師:堀裕嗣(北海道・札幌市立北白石中学校)
C:学習ゲームで楽しく力がつく算数科授業
 講師:竹松克昌(神奈川・茅ヶ崎市立鶴嶺小学校)
D:楽しく学ぶ実験と観察 「言語活動」を生かす理科授業
 講師:真田伸夫(山形・寒河江市立白岩小学校)
E:全員わかるをめざす「学び合い」の社会科授業
 講師:阿部隆幸(福島・本宮市立糠沢小学校)
F:特別支援教育に学ぶ授業づくり・学級づくり
 講師:池田康子(神奈川・川崎市立下河原小学校)
 講師:上原淑枝(神奈川・川崎市立百合丘小学校)
G:プロジェクト・アドベンチャーを活用した小学校学級づくり 講座Gは定員に達
したため締め切りました。
 講師:高久啓吾(神奈川・寒川町立一之宮小学校)
H:エンカウンターを活用した中学校学級づくり
 講師:明里康弘(千葉・千葉市立磯辺第一中学校)
 *詳しい内容は次のアドレスをご覧ください。
  http://jnw.blog.so-net.ne.jp/200908111300

15:30-17:30 Mini-1グランプリ2009
「第3回全国大会-授業づくりプロへの登竜門-」
 進行:土作彰(奈良・広陵町立広陵西小学校)
 *詳しい内容は次のアドレスをご覧ください。
  http://jnw.blog.so-net.ne.jp/200908111530

18:00-20:00 懇親会(希望者のみ)

■8月12日(水)

 9:30-10:00 受付

10:00-11:30 体験型レポート検討
「『あすの授業』を語り合おう!」
 進行:佐内信之(東京・杉並区立方南小学校)
 *詳しい内容は次のアドレスをご覧ください。
  http://jnw.blog.so-net.ne.jp/200908121000

12:30-14:30 対話型講座
「ライフヒストリーから学ぶ授業づくり・学級づくり」
I:物語を読むための「10の観点」とその由来
 講師:白石範孝(筑波大学附属小学校)
 対話:鶴田清司(都留文科大学)
J:理科実験を効果的にする「学び合い」とその由来
 講師:水落芳明(上越教育大学)
 対話:赤坂真二(上越教育大学)
K:学級づくりに役立つ「3・7・30の法則」とその由来
 講師:野中信行(神奈川・横浜市立子安小学校)
 対話:石川晋(北海道・上士幌町立上士幌中学校)
L:学級づくりに求められる「学級担任論」とその由来
 講師:池田修(京都橘大学)
 対話:喜岡淳治(成蹊大学)
 *詳しい内容は次のアドレスをご覧ください。
  http://jnw.blog.so-net.ne.jp/200908121230

15:00-16:40 模擬授業「ハイブリッドのすすめ-新旧技術の混交-」
 講師:鈴木啓司(千葉・市川市立曽谷小学校)
 講師:石川晋(北海道・上士幌町立上士幌中学校)
 進行:上條晴夫(東北福祉大学)
 *詳しい内容は次のアドレスをご覧ください。
  http://jnw.blog.so-net.ne.jp/200908121500

16:45-17:00 発表!「授業づくりネットワーク2010in京都」

【参加費】
〈2日間〉
 一般   8000円 会員   7000円
 一般学生 4000円 会員学生 3000円
〈1日のみ〉
 一般   5000円 会員   4000円
 一般学生 3000円 会員学生 2000円
【懇親会費】
 3000円(希望者のみ)

●申し込み方法
 下記についてHP、Eメール、郵便、FAXでご連絡ください。
  (1) 氏名
  (2) 一般・会員・一般学生・会員学生の別
  (3) 〒・住所
  (4) 電話・FAX番号
  (5) Eメールアドレス
  (6) 勤務先名
  (7) 参加希望日:2日間・1日目のみ・2日目のみ
  (8) 希望する講座:体験型講座(  )
           対話型講座(  )
  (9) 懇親会:参加・不参加
 *参加費、懇親会費は当日払いです。
 *当日受付も行いますが、希望する講座に参加できない場合もあります。(各講座
の定員30名前後)
 *詳しい内容は次のアドレスをご覧ください。
  http://jnw.blog.so-net.ne.jp/nw2009natu
 *申し込み後、連絡が全くない場合はトラブルが予想されます。恐れ入りますが、
再度ご連絡ください。

●申し込み先
 (HPの場合)
  http://jugyo.jp/cgi/mailformpro2/09summer-form.html
 (Eメールの場合)
  nw2009natu@jugyo.jp
 (郵便・FAXの場合)
  〒162-0814 東京都新宿区新小川町6?12
   授業づくりネットワーク事務局
  TEL&FAX 03-3269-3715

|

« 愚直な臨床で大切なこと | トップページ | 子どもの可愛さを伝えるために »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/30848520

この記事へのトラックバック一覧です: 授業づくりネットワーク2009in東京のご案内:

« 愚直な臨床で大切なこと | トップページ | 子どもの可愛さを伝えるために »