« 臨床とは難しきもの | トップページ | 1秒先の姿をほめる »

「集団の中の個」

 先週、ある研究会に伺った。

 特別支援教育の視点を取り入れた授業づくりを

学ぶために出かけた研究会であった。

 このところ、このテーマを追いかけている。

 特別支援教育が、個別支援に傾きすぎたという

思いを持っている。その流れを、集団指導に揺り

戻す必要がある。このように考え、いろいろな方と

語り合い、考え合っている。

 その際の1つのキーは

「集団の中の個」である と考えている。

 個に応じた指導・支援は、「集団の中の個」への

指導・支援である場合と、あくまで個別に特化した

指導・支援である場合が存在する。

 ここの区別をつけておくことは、今後の特別支

援教育の進化のために重要である。学級集団に

おいては、「集団の中の個」に対しての指導・支援

が必要で、子どもは周囲との関係性の中で育つの

である。

 ここについては、僕の2006年の拙著で既に

主張したことであるが、ここにいたり、この問題が

クローズアップされてきていることを嬉しく思う。

 石川晋氏は、授業づくりネットワーク7月号の2本

の論考で、この問題について言及している。

http://www.gakuji.co.jp/magazine/network/index.html

 集団指導と個別指導のハイブリッド(混交)。

 特別支援教育の、これからの主要テーマだと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よかったら応援クリックお願いします。

 

|

« 臨床とは難しきもの | トップページ | 1秒先の姿をほめる »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/30407191

この記事へのトラックバック一覧です: 「集団の中の個」:

« 臨床とは難しきもの | トップページ | 1秒先の姿をほめる »