« 一見無駄に思えても・・・ | トップページ | 授業づくりネットワーク2009in東京のご案内 »

愚直な臨床で大切なこと

 わかった気にならない。

 愚直に、子どもとのやりとりを言語化して描写する。

 エピソードを丁寧に綴る。

 1つの方法を絶対化した物言いをしない。

 多くの関係性の中で育っていくことを謙虚に認める。

 しかし、プロとしての自分の省察を続ける。

 そして、プロとしての自分の技術革新を続ける。

 愚直な臨床を行うために大切にしてきたことだ。

 これらをずっとやり続けてきた後輩たち、仲間が

あちこちで評価されている。

 夏の研修会等での講師。

 雑誌の原稿執筆。

 書籍の分担執筆。

 良い仕事をしている人は、それでなくても忙しい。

 その上、いろいろな仕事がまわってくる。でも

愚直に取り組み力をつける。それは、周囲への

良い影響につながる。そしてもちろん、自分自身

の力が上がる。

 後輩たちとの勉強会で、見事な臨床を展開して

いる話と原稿を見た。臨床が目に浮かぶ表現は

力が猛烈についた証拠である。

 別の後輩から、キャンプでのこどものやりとりと

反省を書いたメールが来た。メールの文にキレが

出てきた。力が付いてきた証拠である。

 嬉しい。

 率直に嬉しい。

 僕も明日は午前中は研修で午後は研究協議会。

夜は勉強会である。

 また明日からも、愚直にいこう。

 よかったら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 

 

 

|

« 一見無駄に思えても・・・ | トップページ | 授業づくりネットワーク2009in東京のご案内 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/30724373

この記事へのトラックバック一覧です: 愚直な臨床で大切なこと:

« 一見無駄に思えても・・・ | トップページ | 授業づくりネットワーク2009in東京のご案内 »