« 心を込めた日本語 | トップページ | 一見無駄に思えても・・・ »

スクールソーシャルワーカーさんと話す

 あるスクールソーシャルワーカーさんとお話

する機会を作っていただいた。

 お話を伺う機会を作っていただこうと思いつ

つ、なかなか時間を作れなくて(嘘である。

時間は作ろうと思わなければ作れない。限られ

た時間は、自分にとって大切だと思うことから

使おうとするものだから)やっと実現させた。

 90分ほどじっくり話した。

 お話を伺うつもりだったけれど、実際には

フィフティーフィフティーといったところだった

ように思う。

  スクールソーシャルワーカーって??

http://www.sswaj.org/w_ssw.html

  特別支援教育に限らないが、チーム対応の

大切な専門家だ。

  でも、関係性は教育のプロとフラットだと思う。

 だから僕は敢えて「教育」の話をした。

 発達障害といわれる子どもに、教えるべきこと

を、子どもに伝わる様な「コツ」をもって教え育て

ることの重要性を話したいと思ったのである。

 そうでないと、これからプロ同士、一緒に仕事

ができなくなると感じたからである。

 でも、もちろん言いたいことをいったのではな

い。

 コミュニケートしたのである。

 話を伺い、思いをことばにして伝えようとした

のである。

 今度はケースの話をしてみたいと思う。

 よかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 

 

 

|

« 心を込めた日本語 | トップページ | 一見無駄に思えても・・・ »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/30627334

この記事へのトラックバック一覧です: スクールソーシャルワーカーさんと話す:

» 認知症,認知症治療,痴呆,アルツハイマー,老人,老人認知症,若年認知症 [認知症「痴呆」の治療法]
認知症いわゆる認知症治療はいままで痴呆といわれていました。アルツハイマーも認知症の一種です。老人がなる老人認知症以外に若年認知症もあります。 [続きを読む]

受信: 2009年8月12日 (水) 05時23分

« 心を込めた日本語 | トップページ | 一見無駄に思えても・・・ »