« スクールソーシャルワーカーさんと話す | トップページ | 愚直な臨床で大切なこと »

一見無駄に思えても・・・

 通常学級の授業にと特別支援教育の視点を

入れるというテーマの研究協議会を立ち上げ

ている。3回の協議会の1回目が終わった。

 事務局である私の準備不足から、協議が予定

まで進まなかったことは反省である。本当に申し

訳なかったと思う。

 しかし、委員それぞれから、実直な思いを語っ

ていただく時間や、一見無駄に思える確認に

時間を費やしたことは「無駄」ではなかったと思う。

 わかりやすいこと。

 シンプルなこと。

 無駄を省くこと。

 大切である。

 今の仕事では、ここに価値を置くことが要求さ

れる場合が多い。

 

 しかし、研究的な試みやクリエイティブな仕事

には「無駄」のようなことが大切な場合が多い

気がするのである。

 SVでお呼びしている廣瀬先生に

「先生が進め方や内容を決めて、それに従って

やれば早くできるけれど、みんなで確認しながら

進める今日のやり方はよかったと思うよ。」

と言っていただき、少しホッとしたのだった。

 しかし、甘えてはいられない。

 1回目としてはそれでよくても、1年のうちに

形にして世に出さなくてはいけない。それが

与えられたミッションであり、次回までの宿題が

与えられたわけだから・・・。

 多くの学級で役立ち、子どもたちを育てていく

ことにつながるものが作れるかな・・・。

 よかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ  

|

« スクールソーシャルワーカーさんと話す | トップページ | 愚直な臨床で大切なこと »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/30724008

この記事へのトラックバック一覧です: 一見無駄に思えても・・・:

« スクールソーシャルワーカーさんと話す | トップページ | 愚直な臨床で大切なこと »