« 自閉症・情緒障害特別支援学級の授業 | トップページ | 臨床とは難しきもの »

「語る」ということ~授業づくりネットワーク7月号より~

 『授業づくりネットワーク』7月号 学事出版の

特集は「特別支援教育~指導と支援を合わせ

る~」である。

http://www.gakuji.co.jp/magazine/network/index.html

 冒頭のリードでは

「特別支援教育を中心に、指導と支援を合わせ

る教育技術について考察します。

 特別支援教育は、従来の個別指導とは異なる

「クラスの中における支援」が必要とされていま

す。

 指導と支援をどう組み合わせるか。その考え方

と実際を紹介します。」

とある。

 「指導」「支援」「個別指導」「クラスの中における

支援」と似たようなことばが並んでいる。大切な

斬り口だけれども、整理がついていないことを象

徴的に表しているように思えた。

 異なる立場からの実践報告は読み応えがある。

 中でも、私に一番印象に残ったのは、土居裕士

氏の

「「語る」ということ~集団に「語る」、個に「語

る」~」

という論文である。

 この論文は子ども自身を「育てる」ための指導の

1つとして「語る」ことの重要性を、実践を通して

示している。

 他の論文と斬り口が違うと思う。そして、実に重

要な指摘をしていると感じる。

 是非、手にとって見て欲しい。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よかったら応援クリックお願いします。

|

« 自閉症・情緒障害特別支援学級の授業 | トップページ | 臨床とは難しきもの »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/30192195

この記事へのトラックバック一覧です: 「語る」ということ~授業づくりネットワーク7月号より~:

« 自閉症・情緒障害特別支援学級の授業 | トップページ | 臨床とは難しきもの »