« 特別支援教育の観点を取り入れた授業づくり | トップページ | ちょっと寄ってみた »

研究協議会の始まり ~「一緒」に進む~

 今年度、自分が中心になって企画している

研究協議会が4つある。研究だけしていても

仕方がないという声もあるが、当然だ。目的の

ない研究はあり得ないので、目的と具体的な

アクションの適切性を話すことが大切だ。

 その1つの第1回の会を終えた。

 県内の多くの地域、立場の方々にお集まり

いただいた。超ご多忙の方々にお時間をい

ただいている。それに見合った時間を作るこ

とが使命だ。

 研究協議会を立ち上げた理由を、具体的

な現状から説明。

 通級による指導の歴史や制度について

レクチャー。

 これまでの取組についての例示。

 委員さん方が今後の計画を考えていか

れるための「栄養」を持って帰っていただく

ことが大切だと思った。

 計画のための「見通し」を持っていただ

くことが大切でもある。

 困った時の「具体的」「心理的」サポート

を保証することも大切だ。

 そして、「やってみるか!」というエネル

ギーである。

 これらを意識して3時間の会議を組み

立てた。

 会議終了後、委員さんが席を立たれ

ずに、それぞれの地域の委員さん同士

で話し合われている姿があった。

 

 新たなことが作り出される、そのきっ

かけになったことを願いながら、皆さんを

お送りしたのだった。にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よろしかったら応援クリックお願いします!

|

« 特別支援教育の観点を取り入れた授業づくり | トップページ | ちょっと寄ってみた »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/29876755

この記事へのトラックバック一覧です: 研究協議会の始まり ~「一緒」に進む~:

« 特別支援教育の観点を取り入れた授業づくり | トップページ | ちょっと寄ってみた »