« 「言語化」するということ | トップページ | 近況報告 »

抱きしめられたら

 久しぶりに親友やその上司の方々とお酒を

ご一緒する機会がありました。二次会の場所

で注文しよう・・とした瞬間に、別の先輩方の

グループと「合流」。

 そこで、あまり仕事上の接点はないにもかか

わらず、僕の名前を覚えてくださっている偉い

方とお隣になりました。

 おもしろいお話を連発しておられたのですが

そのうち、以前のお話をきかせてくださるように

なったのです。

 「生徒にネクタイつかまれて、殴られかけた時

自分は両手を後ろに回して、俺は手を出さない

ぞ、殴らないぞ・・・としたんだよ。それでその子

少年院に行ったんだ。

 でもね、あの時ね、俺があの子を抱きしめれば

よかった。抱きしめていたら、ネクタイつかめない

し殴れない。そうしたら、あの子を守れたんだよ。

でも、それがあの頃わからなかったんだ。だから

若い先生たちには、そういうことを伝えていかね

ばならないと思ってる。」

  飲み屋で涙をこらえることはそうそうないと思

います。

  最近、若い先生方に伝えたいことがあり、久

々に登壇したことを思い出しました。それに伴い

ちょっとしたこともありましたが、やっぱり若い先

生たちは大切にしたい。いや、もちろん僕もこの

ままでは終わらないけどねにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へよかったら

応援クリックお願いします。 

|

« 「言語化」するということ | トップページ | 近況報告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/29360020

この記事へのトラックバック一覧です: 抱きしめられたら:

« 「言語化」するということ | トップページ | 近況報告 »