« 条件が良くないなりの良い仕事 | トップページ | 気軽に話せる雰囲気~教育的井戸端会議~ »

ケースの支援を学校力の向上につなげること

 午前中、来年度の研究構想を伺い、チームで

機能的に動くための相談をしました。昼を食べ

る時間もなく、買っていたパンをかじりながら、車

で午後の会議に移動。

 巡回相談員や専門家チームの方が集まっての

協議会です。事例が4本紹介されました。どれも

巡回相談で丁寧にかかわられています。

 学校に支援法を押しつけない。

 一緒に考える。提案をする。

 学校が自分で動けるようにかかわる。

 当たり前に見えて、実は本質的な仕事をされて

いる方々からの報告は、大切な仕事だなーと

改めて嬉しくなりました。

 ケースの支援をすることが、その学校の力を

向上させるためには、何を意識すればよいのか?

 巡回相談員が自己満足で終わらない。でも、ケ

ースの変化を生み出せる仕事は重要。うーん

難しく奥深いものです。

 終了後、地域の状況などを管理職の方々と

お話し、情報交換をさせていただきました。

 その後、さらに次の場所に移動し、来年度の

ことについての相談会議。半年前に伺った

時には僕からのご提案だけで時間が過ぎました。

今回は、最近の新たな動きについてご相談を

受けました。

 新たな動きを作られ始めているわけです。

 嬉しいお話です。

 身体は疲れていましたが、気分は晴れやかに

帰ることができた一日でした。

 よかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 条件が良くないなりの良い仕事 | トップページ | 気軽に話せる雰囲気~教育的井戸端会議~ »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/27939243

この記事へのトラックバック一覧です: ケースの支援を学校力の向上につなげること:

« 条件が良くないなりの良い仕事 | トップページ | 気軽に話せる雰囲気~教育的井戸端会議~ »