« 聞き書き集に掲載される | トップページ | 「子どもと向き合って考えます」ということば »

子どもの姿をイメージしたいのだが・・・

 今週は、月、火と東京出張がありました。

水曜日に、研究協議会があり、いったん

戻り、水曜日の夜から再び東京に。そして

先ほど帰宅するという、なんとも落ち着きの

ない日々でした。

 出張は、ほとんど説明をひたすら伺い、メ

モを取る作業に追われるものでした。本来は

その説明がイメージすること、子どもたちの姿

をイメージし、そのための説明の仕方につい

て思考する作業を同時に行えればよいのだ

と思います。

 しかし、今回は、正直無理でした。

 内容が膨大なのです。

 説明をとにかく伺いその再構成については、

今後、再度自分で考え直していく作業が必要

になりました。

 いつもは、この作業を同時に行い、省エネ

で仕事をすることが多いのですが、今回は

省エネ仕事できるような内容でも、量でも

なかったのです。

 今日は、また全然違う説明を聞きにいって

きました。今回は、事前にちょいと勉強してい

たので、初めて聞く内容がほとんどなかった

のでした。ちょっと自分をほめてやりたい気分

でしたね。 

 また、少し足を伸ばして研究所に伺い、来年

度の仕事の構想についてアドバイスをいただく

ことができました。自分では、それなりに考えて

それを聞いていただけたのが幸せでした。

 方向性に共感していただけたので、落ち着い

て愚直に進もうと思います。

 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 聞き書き集に掲載される | トップページ | 「子どもと向き合って考えます」ということば »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/27589812

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの姿をイメージしたいのだが・・・:

« 聞き書き集に掲載される | トップページ | 「子どもと向き合って考えます」ということば »