« フル稼働 | トップページ | タイミングを図るのは偶然ではない »

テレビで発達障害を語る

 企画しているフォーラムのPRにため地元の

ケーブルテレビに生出演しました。これ、緊張

しましたね。

 以前、拙著を出版した折に、インタビューを

受けたことが二度ありましたが、その時には

事前収録。でも今度は、夕方のニュースに

生出演。

 フォーラムのPRとはいえ、

「発達障害ってどんな症状なのですか?」

というフリもあり、さらに緊張。

 症状は? という質問をさりげなく変化させ

「~のように困っている子がいる」

 それをわかってもらって指導をされないと

「どうせ自分は・・・」

みたいになってしまいかねない。自信のない

子、基本的な信頼関係を人と持てない子ども

を増やしてしまいかねない。だから、フォーラ

ムを企画したんです! という展開に持ち込

んだのでした。

 で、なんとか8分ほどのインタビューは終了。

 おかげさまで、フォーラムは順調にご予約を

いただいていて、このままいくと、ひょっとする

と当日は満員かも・・・と嬉しい悲鳴をあげて

いるところです。

 いらしてくださる皆様、ありがとうございます。

 よろしかったら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« フル稼働 | トップページ | タイミングを図るのは偶然ではない »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/27005769

この記事へのトラックバック一覧です: テレビで発達障害を語る:

« フル稼働 | トップページ | タイミングを図るのは偶然ではない »