« タイミングを図るのは偶然ではない | トップページ | 責任はないけれどプロとはいえない »

悩みをことばにできること

 2月にお受けしている研修の打ち合わせを

電話でしている時に伺った話です。

「若い先生方が、いろいろと悩んでいるので

すが、それを自分でことばにして伝えられな

いみたいなんです・・・。」

ということでした。

 一般的な知識を伝達するような研修は、

比較的あちこちで行われているでしょうから、

今回は、ちょっと趣向を変えて、実践を

ことばにするってことに焦点を絞ってみるのも

良いのかも・・・なんて話をしたのでした。

 自身の内面を言語化することが、実はとても

大切な研修になるのだと思うのです。

 悩みをことばにできること。

 実践をことばにできること。

 「ことば」にはもちろん限界性があるけれど、

それでも、ことばはとても豊かで大切なものだ

から・・・と思った一時でした。

 よろしかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« タイミングを図るのは偶然ではない | トップページ | 責任はないけれどプロとはいえない »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/27143218

この記事へのトラックバック一覧です: 悩みをことばにできること:

« タイミングを図るのは偶然ではない | トップページ | 責任はないけれどプロとはいえない »