« さようならチボリ公園 | トップページ | 1年を振り返って »

城山三郎『わしの眼は十年先が見える』

 随分久しぶりに大原美術館を訪ねました。

 絵心のかけらもない僕ですが、なんともい

えない静寂と空気を楽しみたくて、出かけた

のでした。

 でも・・・。

 絵よりも解説文に興味を持ってしまうのが

自分らしい・・と苦笑。

 最後に立ち寄ったミュージアムショップ。

 絵はがきにも一瞬惹かれましたが、結局

購入したのは『わしの眼は十年先が見える

大原孫三郎の生涯』城山三郎著 新潮文庫

です。

 十年先を見て、何をなそうとするか。

 時代の先端を行きすぎ、閑古鳥がないて

いたという初期の大原美術館の話を伺うと

その先見性に驚嘆するとともに、日本の

画家を育てるために名画を日本に集めた

いと考えた児島虎次郎の先見性にも

改めて感服です。そして、高額の、エルグ

レコ「受胎告知」を購入して良いかどうかを

大原に尋ねた児島の電報に

「買え」

と一言即答したとされる大原のスケールの

大きさにしびれながら美術館を後にしたの

でした。

 よろしかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« さようならチボリ公園 | トップページ | 1年を振り返って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/26647564

この記事へのトラックバック一覧です: 城山三郎『わしの眼は十年先が見える』:

« さようならチボリ公園 | トップページ | 1年を振り返って »