« 心意気を形に仕上げる | トップページ | さようならチボリ公園 »

ひたすら聴き、語る

 今日は、1日中お話を伺い、語った日に

なりました。

 まずは、長いおつきあいの幼稚園の先生

方から園での実践を伺いました。

「こんな、当たり前の話で、役に立つんです

か?」

と言われます。

 一人ひとりがわかるように教えること。

 可能なら、集団に戻せるようにしよう。

 これだけでなく、日頃の、日常の実践の

中からの珠玉のことばが飛び出してきます。

 その後、保護者の集まりにいれていただき

ました。これまた長いおつきあい。

 今回は、学部生、院生数人も参加です。

 若い方々の参加は心強いです。でも、若手

にわかるように配慮した話をする場ではなか

ったですから、よくわからない話もあったと

想像しました。でも、わからない話であって

も、その場を共有し、その空気を感じる

ことは、プロを目指すなら大切なことだと

いう話をしました。

 そして、最後はある学校の先生方と会食

し、教師の同僚性を大切にした実践を

伺いました。

 学校に一人ぼっちを作らない。

 子も親も、教師も一人ぼっちにさせない。

 多忙な中に、同僚への細やかな心遣い

をされる二人の話に、これまた実践の

奥深さを感じたのでした。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

よかったら応援クリック

お願いします。

|

« 心意気を形に仕上げる | トップページ | さようならチボリ公園 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/26562564

この記事へのトラックバック一覧です: ひたすら聴き、語る:

« 心意気を形に仕上げる | トップページ | さようならチボリ公園 »