« ひたすら聴き、語る | トップページ | 城山三郎『わしの眼は十年先が見える』 »

さようならチボリ公園

 長男が生まれた年に開園したチボリ公園が

わずか11年で閉園に追い込まれました。

 大晦日にカウントダウンと同時に閉園という

何ともドラマチックな展開が予定されています。

今日、お別れに行ってきました。

 たくさんの思い出があります。

 お気に入りだった乗り物。

 遠足で遊んだ場所。

 写生大会で描いた場所。

 表彰式で賞状をいただいたホール。

 写真もいっぱい残っています。

 お別れです。

 クリスマスツリーに花火が舞い、一時の輝き

の後に寂しい光が残っている。そのような思い

を抱きながら、ゆっくりと1周し、公園を後にし

たのでした。

 今までありがとう・・・。

Photo

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へよかったら応援クリック

お願いします。

|

« ひたすら聴き、語る | トップページ | 城山三郎『わしの眼は十年先が見える』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/26592735

この記事へのトラックバック一覧です: さようならチボリ公園:

« ひたすら聴き、語る | トップページ | 城山三郎『わしの眼は十年先が見える』 »