« 人間関係論的アプローチセミナー その1 | トップページ | 特別支援教育を大切にした授業あれこれ »

キラリと光る若手の姿

 セミナー終了後、ある若手の先生に話

しかけられました。紙に何やら図と文を書

いています。

「なんだろう?」

と思っていると、セミナーの話を聞きなが

ら、自分の指導している子どもの姿が浮

かび、どうやって指導するかを考え、紙に

図を書いて考えていたらしいのです。そし

て、それを元に僕に質問をしてきたのでし

た。

 うん! いいなー。

 君は、これから必ず伸びるね。いや、こ

の姿勢を続けたらだけどね。

 人の話を聞いて、その話の評価をして

いる人とは違うのです。相手のことでは

なく、自分が何を感じ、考え、学んでいる

かが問われます。

 だから、聞きながら、自分の考えを作っ

ているところがよいと思います。

 また、それを図に使用としているところ

が良いなと思いました。物事を広くとらえ

たり、まとめたりする修練になるからで

す。

 この先生、これから必ず伸びると感じ

ます。

 楽しみです。

 嬉しいですね。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ よかったら応援クリック

お願いします。

|

« 人間関係論的アプローチセミナー その1 | トップページ | 特別支援教育を大切にした授業あれこれ »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/24826164

この記事へのトラックバック一覧です: キラリと光る若手の姿:

« 人間関係論的アプローチセミナー その1 | トップページ | 特別支援教育を大切にした授業あれこれ »