« 人を動かすことば | トップページ | 独りぼっちを作らないために »

母の死

 一人暮らしの母のマンションを管理されている

方から電話をいただいたのは先週でした。

「お部屋の様子が気になるんです・・。新聞が数日

分たまっているようで・・・。エアコンは動いているよ

うなのですが・・・。」

 几帳面な母の性格と、お電話くださった方の歯切

れの悪さは、私の、胸の鼓動を増幅させました。

 慌てて電話をするものの、コール音だけが響きま

す。部屋を開けさせていただいて良いかという申し

出に、すぐに行くから、2時間ほど待って欲しいとお

願いし、私と妻はマンションに向かいました。

 いつも通りの部屋の様子。

 コップやお皿が置かれたダイニングキッチン。

 いつもと何も変わらぬ暮らしの中で、母は最後の時

を迎えたのでしょう・・・。

 来るのが遅くなってごめん。やっと来たよ・・。

 慌てて呼んでしまった消防の方々が

「もう、自分たちにできることがないんです。ごめんな

さい。」

と頭を下げられました忙しいのに、不適切に呼んだ

のは僕らですから・・・。

 大勢こられた刑事さん。僕の気持ちを推し量ってか

「わしも鹿児島に母親、一人暮らしでなー。でも、「住

み慣れたところがええみたいで、こっちこんのや・・。」

 声をかけてくださいました。

 父の時にもお世話になった葬儀センターの方。どん

な小さな僕の不安や疑問も全て聞いて下さいました。

葬儀後、どうしても困ったことが起きた僕らの話を聞

いて下さり

「わかった。なんとかしますよ!」

と言われるのです。どう考えても、業務外のことを言っ

てしまったにもかかわらず・・・。

 恐縮する僕らに笑顔で

「困ってらっしゃるの、わかりますもん!。」

とサラリと言われました。

 このプロ意識・・・。

 本当にありがとうございました・・・。

 電話で訃報をお知らせした恩師が

「帰ってきても、家がなくなったなー。これからは

わしのとこ来るしかなくなったな~。」

と言われます。さりげなく、でも、温かい一言に、心が

ポッカポカです。

 ある保護者からいただいたメールに

「お会いすることができなかったお母様、よく先生を

世に送り出してくださいました。どれだけの親子が

救われてきたことでしょう。ありがとうございました。」

とありました・・・・。

 僕は、お役になんかたっていないけれど、でも、これ

からも前に進んでいこう、そのような気持ちになる、母

への最大級のことばをくださったのです。 

 他にも多くの方からいただいたことばが身に染み、

それらのことばに救われたのです。皆さん、本当に

ありがとうございました。

 両親を失い、やっと、子どもの頃に親と別れること

になってしまった、これまで出会った子どもたちの

心境のすさまじさに気づきかけた気がします。今まで、

なーんにもわかろうとしていなかった・・・。まだまだだ

な・・・この気づきが母の最後の教えだったのかもしれ

せん。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へよかったら応援クリックお願いします。

|

« 人を動かすことば | トップページ | 独りぼっちを作らないために »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お母様がなくなられたとの事。心中察し申し上げます。

先生に出会わせてくださったお母様に、心から感謝を申し上げたいと思います。合掌。

投稿: 池田修 | 2008年9月17日 (水) 07時41分

池田先生、母への最高級のことばを賜り、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

投稿: 夢追い人 | 2008年9月19日 (金) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/23784550

この記事へのトラックバック一覧です: 母の死:

« 人を動かすことば | トップページ | 独りぼっちを作らないために »