« 耐性をつけていく時の鉄則 | トップページ | 刺激 »

特別支援教育とリズム

 先日、学校の教科指導のプロの方々とご一緒

しする機会がありました。

 ある授業のDVDを一緒に観て、その後、それ

ぞれの立場でどのように「助言」するかを議論す

るという試みでした。 これ、無茶苦茶勉強になり

ました。

 1つだけとりあげると、授業のリズムが話題にな

りました。

 テンポ良く、一問一答式のようなスタイルで導入

していったことに対して

「考えさせる場面が必要。」

という意見が出たのです。

 確かに・・・。でも、考えさせないで、テンポとリズ

ムを意識して導入する必要がある場合も、結構

あるんじゃないのかなと感じます。ただし、拝見した

DVDの場面では、その必要性があったかといわ

れれば、疑問かなとは感じました。だから、言われた

ご意見には納得できます。でも、それがセオリー、

当然のことだというトーンには違和感を覚えます。

 特別支援教育とリズムの関係は、きっちりと論じら

れるトピックだと思うのです。

|

« 耐性をつけていく時の鉄則 | トップページ | 刺激 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/20657814

この記事へのトラックバック一覧です: 特別支援教育とリズム:

« 耐性をつけていく時の鉄則 | トップページ | 刺激 »