« 気の合う友達 | トップページ | 子どもの見え方 »

勉強会

 障害特性だけで子どもたちを捉えない。そのよう

な視点にたった教育・臨床を目指し実践している

仲間がたくさんいます。

 週末に、県外でそのような仲間との勉強会をしま

した。研究者、病院のスピーチセラピスト、私という

立場の違うメンバーが、似た志の元集まっての

勉強会。もう、何年も続けています。

 当たり前の特別支援教育を目指しての、地道な

勉強会。

 その成果を毎年学会で発表してきています。

 出版、ブログ、論文などなど、様々な発信をして

いる仲間との勉強会は、日々の疲れを忘れる一時

でした。

 先日は、志を同じくする地元の仲間と飲みました。

 仲間作りの大切さ。

 志を同じくする方々と共に進んでいるという実感は

疲れて、屈しそうな自分のエネルギーになるのです。

|

« 気の合う友達 | トップページ | 子どもの見え方 »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/20213001

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会:

» インプラント [インプラント]
奥歯は大きいので、直径5mm以上のできるだけ太いインプラント本体を選択したいものです。ところが骨の幅が狭くなっていることが多くあまり太いインプラントでは頬側の骨からはみ出してしまうことがあります。 これを回避する方法としては骨の幅・質と患者さんの考え方によって異なってきます。3つの方法とは1、GBRや骨移植を行ってから太めのインプラントを使う場合2、既存の骨の幅の範囲内で細めのインプラントを使う場合3、最も細いインプラントを2本使う�... [続きを読む]

受信: 2008年4月15日 (火) 09時33分

» インプラント [インプラント]
奥歯は大きいので、直径5mm以上のできるだけ太いインプラント本体を選択したいものです。ところが骨の幅が狭くなっていることが多くあまり太いインプラントでは頬側の骨からはみ出してしまうことがあります。 これを回避する方法としては骨の幅・質と患者さんの考え方によって異なってきます。3つの方法とは1、GBRや骨移植を行ってから太めのインプラントを使う場合2、既存の骨の幅の範囲内で細めのインプラントを使う場合3、最も細いインプラントを2本使う�... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 14時21分

« 気の合う友達 | トップページ | 子どもの見え方 »