« わかった気にならない | トップページ | 骨太の・・・ »

立場が違えば・・・

 国立特別支援教育総合研究所の

セミナーに参加してきました。全国の

動向を知ること、発表内容へのフロ

アーの反応を見ること、そして何より

日々は日常業務に追われてじっくりと

物事を考える時間が少ないので、2日

間、集中的に物事を考えたいというの

が参加の大きな目的でした。

 文部科学省からの行政報告、研究所

のプロジェクト研究の報告、特別支援学

校、小学校、市の教育委員会と様々な

立場からの報告がありました。

 研究所の報告は、特別支援教育を進

めていくための基礎研究として重要な

データだと感じました。特に「交流及び

共同学習」については、研究的積み上げ

が少ないと思いますし、こそ研究を元に

現場の動きにつなげていくことが大切なの

だと思います。

 また、現場レベルでは、それぞれの園・

学校での実践を検討することに重点が

おかれますが、その実践を可能にした

現場の工夫・努力と共に、その枠組みを

作った行政の工夫・努力や、現場の後押し

をしようとした行政の志についても視線を

向けていきたいなと感じました。この思いを

今回強く持ち、上越市教育委員会の取り組

みから学ぶところが非常に多かったと思い

ます。今回、このような思いにいたったのは

多分、僕自身の立場がこれまでとは変化し

たからなのかなと思うのです。

 立場変われば・・・違うものが見えてくる。

 ほんの少しではありますが、自身の成長

なのかもしれない・・・そのような思いで夕食の

際のビールがすすんだ2日間でした。

|

« わかった気にならない | トップページ | 骨太の・・・ »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/10098233

この記事へのトラックバック一覧です: 立場が違えば・・・:

« わかった気にならない | トップページ | 骨太の・・・ »