« 合わせようとする気持ち | トップページ | 瀬戸内の夕暮れ »

巡回相談員さんの話から

特別支援教育を支えるシステムの中の1つに

保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校を

実際に訪問し、こどもたちの様子を見たり、先

生方と一緒に考えたりする「巡回相談員」の仕

事があります。

 先日、ある「巡回相談員」さんたちの会議に参

加する機会がありました。そこでは、実際の巡回

相談の現場における具体的な話と、これまでの

巡回相談の状況が報告されました。

 ある幼稚園での相談には、その幼稚園がある

学区の小学校の先生方、コーディネーターが

一緒に参加されていることが報告されました。

 また、別のケースでは、幼稚園のコーディネー

タの方が参加されていることが報告されました。

 小さな地域の話です。

 学区の幼稚園と小学校、保育園と小学校が

結びつくように上手にコーディネートされている

巡回相談員さんのお仕事が光っているなと

思いました。

 中学校のケースでは、小学校からの引き継ぎ

が功を奏していないことが報告されました。

 小学校時代、うまく集団にとけ込んでいたと思

われる話も紹介されました。

 小学校でうまくいっていた要因は何だったの

でしょう? 引き継ぐ内容がない(くらいに安定

していた?)のかもしれません。とすれば、

どうして安定していたと考えられるのか? それが

崩れる可能性はないか? ということが引き継

がれていく必要があったのかもしれません

 遅れてはいるけれど、これから動き出そうとして

いるお仕事が報告され、その気力に引き込まれ

ました。 

|

« 合わせようとする気持ち | トップページ | 瀬戸内の夕暮れ »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

昨年度、相談員の先生に大変お世話になりました。中学校へつなげるきっかけを作っていただき助かりました。今年度も別件でお世話になっています。大変ありがたいです。

投稿: 月子 | 2007年7月15日 (日) 23時40分

今日,今年から市で始めた
特別支援教育コーディネーター研修会が
ありました。地区別に日を設定して
学校間や小中学校間でのつながりを
作ることも一つのねらいにされています。

今回は,初めての事例検討です。
最初は,なんだか話がなかなか出ずに
どうしようかと思ったのですが,
具体的なエピソードが出されるうちに
だんだん,「きっと本人は楽しかったん
ですよね」「そういう不安な気持ちを
話せるといいんですよね」と,子ども達の
気持ちに思いをはせる発言が出てきたあたりから
なんだか,話し合いにほっとした雰囲気も
生まれてきました。
「特別なこと」の話し合いではなくて
自分の中にもある気持ち,共有できる
部分での話し合いになったからなのかなと
いう気もします。

2学期,ちょっと違った子ども達との
関係の芽ができるといいなと思った
ひとときでした。

投稿: 落花生 | 2007年8月 2日 (木) 17時36分

先日は、久しぶりにお話を伺い、とても心地よかったです。さすがのお仕事に感服でした。
「気持ち」を話し合う(語り合う)ケース会。そうだな、そうだなと思いました。今日の初任者研修でのワークショップで語られる先生方の「ことば」に、何かしら違和感を感じたのは、ここの部分だったのかもしれないと思いました。

投稿: 夢追い人 | 2007年8月 3日 (金) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/7043986

この記事へのトラックバック一覧です: 巡回相談員さんの話から:

« 合わせようとする気持ち | トップページ | 瀬戸内の夕暮れ »